小倉記念コース特性(小倉・芝2000m)

小倉記念コース特性(小倉・芝2000m) 1周距離は1615mで福島競馬場に次ぐ小さな小回り競馬場。293mの直線に坂はない。小倉競馬場は平坦、小回りコースと言われているが、実は高低差3mもあるタフな構造になっている。2コーナーに小高い丘が設けられている。スタートしてから1コーナーまで約500の直線になるので必然的にスピードに乗るため前半のハイペースになりやすいが、ゴールラインから2コーナーにかけて約3mの上り急勾配。2コーナーから4コーナーにかけて緩やかな下り勾配。小高い丘があるの2コーナーで一旦緩みがちなる。勝負どころの3~4コーナーには、スピードを落とさずに回れるスパイラルカーブになっているのでここで再びペースアップする。長く脚を使うことと、ゴールまでスピードを持続できる体力を要求される。コーナーがあ4回ある小回りコースなので内枠の先行馬が断然有利。差し追い込み馬には厳しいコース形態になっている。 ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏※無料メルマガ月曜から金曜は重賞情報土曜・日曜は重賞本命・対抗・穴馬の予想情報をお届けします。https://goo.gl/NWnxsF ※3連単6点メルマガ3連単6点予想をお届けしています。https://goo.gl/uA7UY1┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

続きを読む