<中山記念コース特性>

<中山記念コース特性>(中山芝1800m右内)内回りコースの1周距離は約1667mで札幌競馬場の約1640mと大差はなく直線は310mと小倉競馬場の直線293mとあまり変わらなない、ローカル小回りコースとしてのイメージが強い。ローカル競馬場との大きな違いは、コース全体の高低差が5.3mとJRA全10場で最も厳しいの高低差があることだ。直線は残り180mから残り70m地点にかけての上り坂の高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と馬力が求められる急勾配になっている。スタンド前坂下からのスタートで1コーナーまでの距離が短く、コーナー4回の内回りを1周する。坂の登りながらゆっくり進む為スローに近いミドルペースになることが多い。3~4コーナーの入り口から速くなる。特に重い馬場の場合は人気薄の逃げ馬は要注意だ。4つのコーナーがあり外を回ると距離ロスが大きい、ロスなく走れる内枠は断然に有利。前半から負荷がかかるタフなコース設定でパワー型の先行馬の好走傾向がある。特殊形態コースでコース適性の高い馬が狙って出走するレース。先行力、器用さが重視されるコースだ。 3連単6点勝負無料メルマガ(2019年2月17日) 無料メルマガ小倉大賞典穴馬的中12番人気で3着複勝なら1,980円的中ワイド1-3で6,830円的中【〇対抗馬】⇒【3タニノフランケル】2着【▲穴馬】 ⇒【1サイモンラムセス】3着 ≪実際の予想配信≫小倉大賞典(2019年2月17日)【◎本命馬】⇒【10ケイティクレバー】11着【〇対抗馬】⇒【3タニノフ…

続きを読む

<阪急杯コース特性>

<阪急杯コース特性>(阪神1400m芝右内)芝1200m内回りよりスタート地点位置が200m長くなる。3コーナーの下りに入るまでの直線が長く下り坂で逃げ馬に息が入りやすく有利になり、追い込み馬には厳しいコース形態といえる。コースの起伏は残り800m地点から、直線の半ばにかけて緩やかな下り勾配になっている構造。直線の坂で負荷がかかることによってタフさも要求され残り約190m地点から高低差1.8m、勾配は1.5%。数字以上の急坂で逃げ、先行馬が坂で失速することも少なくはなく、スピード能力に加えてタフさも要求される。内回りコースの直線は356mで外回りコースより117m短かい。後方一気は難しくある適度の先行力と直線では一瞬の切れる末脚は有効になる。独特なコース形態なので阪神芝1400m巧者の好走度が高い。 3連単6点勝負無料メルマガ(2019年2月17日) 無料メルマガ小倉大賞典穴馬的中12番人気で3着複勝なら1,980円的中ワイド1-3で6,830円的中【〇対抗馬】⇒【3タニノフランケル】2着【▲穴馬】 ⇒【1サイモンラムセス】3着 ≪実際の予想配信≫小倉大賞典(2019年2月17日)【◎本命馬】⇒【10ケイティクレバー】11着【〇対抗馬】⇒【3タニノフランケル】2着【▲穴馬】 ⇒【1サイモンラムセス】3着 【無料メルマガお申し込み方法】=======================無料メルマガの登録が簡単になりました!●月曜から金曜は重賞情報をお届けします。●土曜・日曜は不定期で重賞予想情報…

続きを読む

【無料メルマガ実際の配信予想】(2019年2月17日)3連単6点勝負(小倉大賞典穴馬的中)12番人気で3着

3連単6点勝負無料メルマガ(2019年2月17日) 無料メルマガ小倉大賞典穴馬的中12番人気で3着複勝なら1,980円的中ワイド1-3で6,830円的中【〇対抗馬】⇒【3タニノフランケル】2着【▲穴馬】 ⇒【1サイモンラムセス】3着 ≪実際の予想配信≫小倉大賞典(2019年2月17日)【◎本命馬】⇒【10ケイティクレバー】11着【〇対抗馬】⇒【3タニノフランケル】2着【▲穴馬】 ⇒【1サイモンラムセス】3着 【無料メルマガお申し込み方法】=======================無料メルマガの登録が簡単になりました!●月曜から金曜は重賞情報をお届けします。●土曜・日曜は不定期で重賞予想情報をお届けします。●お名前とアドレスを入力するだけです。●簡単30秒で案内をお届けします。●下はフォームの画像です。●安心して下さい。●ノートンでセキュリティーは万全です。こちらから⇒ 【無料メルマガ簡単登録フォーム】(お試しに是非ご覧いただければ幸いです。)=======================

続きを読む