【クイーンステークス2019】穴馬候補情報

<クイーンステークス2019 札幌芝1800m> <クイーンステークス2019 有力穴馬情報> 【4ダノングレース】前々走の初音S(1600万下)を勝利、2連勝でオープン入りする。芝1800mで3勝を挙げている1800m巧者。久々の重賞挑戦となった福島牝馬S3着からの休み明けとなる。仕上がりの早いタイプで、休み明けでも十分走れる。2年前の新馬戦・1着と昨年の千歳特別・3着と北海道での実績もあり重賞でも通用する。 【5メイショウショウブ】デイリー杯2歳S・ニュージーランドTを牡馬相手に2着した実力は高く評価できる。オークスは17着に大敗したがダイワメジャー産駒で距離が明らかに長かった。血統的に洋芝への適性は高く、先行してから短い直線でもトップスピードに乗れる機動力があり、大敗からの変わり身に期待。 【10ウインファビラス】精神面が安定していて状態は上昇ムード。札幌の1800m・洋芝の舞台は、この馬に合いそうで1発大穴激走があっても驚けない。全兄に重賞5勝(芝1800重賞2勝)、QE2世C(G1)を制覇したウインブライトがいる良血馬。 【11エイシンティンクル】重賞では関屋記念の3位が最高順位。3走前の京都牝馬Sは出遅れて10着、前々走のダービー卿チャレンジTは超ハイペースを2番手で先行して13着、共にスムーズに逃げることができなかったことが大敗の原因。2017年11月以来の武豊騎手とのコンビ復活となり、札幌コース初挑戦となる。前走の都大路Sでは、牡馬相手に3着まで逃げ粘った。前が止まら…

続きを読む

【クイーンステークス2019】本命馬候補情報

<クイーンステークス2019 札幌芝1800m> <クイーンステークス2019 有力本命馬情報> 【1サトノガーネット】三田特別(2勝クラス)、五稜郭S(3勝クラス)を連勝中で勢いのある4歳馬。時計の掛かる洋芝、芝1800mへの距離適性が高く札幌コースで前走以上のパフォーマンスをだしてくると思われる。前走に引き続きルメール騎手が騎乗する。 【3フロンテアクイーン】重賞で7回2着・3着の惜敗が続いていたが、前々走の中山牝馬Sで念願の重賞制覇を成し遂げた。前走のヴィクトリアマイル15着はやはりG1では実力不足が露呈したものの、G3レベルの相手なら勝ち負けできる力は十分にある。 【6スカーレットカラー】前々走のパールS(京都芝1800m)を先行押し切りで快勝。前走マーメイドS(阪神芝2000m)を3着したが、距離が微妙に長かったのかもしれない。距離短縮で巻き返しなるか注目したい。 【12ウラヌスチャーム】今年迎春S(中山芝2200m)を勝ちオープン入り。前走の中山牝馬Sは出遅れ後方12番手からメンバー中最速上がり34秒6の脚を使い2着に好走。前が残りやすい開幕週なので、どういう走りをしてくか、騎手の手腕で大きく順位が変わってくると思われる。 【13ミッキーチャーム】前走のヴィクトリアマイルで8着だったが、1分31秒2の時計を考えればG3ならトップクラスになる。札幌1800mは昨年藻岩山特別で快勝している。しかも函館・札幌の芝1800mで3連勝した洋芝巧者。マイルは少し忙しく200mの距離…

続きを読む

アイビスサマーダッシュのコース特性

アイビスサマーダッシュのコース特性(新潟芝1000m直線) 新潟の名物直線コース(芝1000m)。コーナーを一度も回らずにゴールを目指していくレースは新潟開催夏の風物詩スプリント重賞アイビスサマーダッシュ。新潟の直線は平坦のイメージがあるが芝1000m直線競馬には坂の上り下りが存在する。スタートから約240mは穏やかな上り、続く200mは緩やかに下り、残りの約560mは少しの上り下りのあとは平坦。開幕週ではあるがやはり直線外側の芝を走る方がスピードがでやすい。スタート直後から外ラチを目指して一斉にダッシュしていくので馬群が外へ殺到する。馬群に包まれないダッシュ力と長い直線でスピードを持続し続ける能力、馬群を捌く勝負根性が問われる。外回りコースは得意だが小回りコースが苦手で成績不振の馬が外枠に入った場合人気薄の激走もあるので注意しておきたい。 ==========================≪実際の無料メルマガ予想配信≫(2019年7月21日)函館2歳ステークス穴馬大的中!11番人気3着【▲穴馬】⇒【8プリンスリターン】複勝なら1,110円的中3連複なら20,610円的中≪実際の無料メルマガ予想配信≫函館2歳ステークス(2019年7月21日)【◎本命馬】⇒【5タイセイビジョン】2着【〇対抗馬】⇒【16ゴッドスター】14着【▲穴馬】 ⇒【8プリンスリターン】11番人気3着==========================<2019年7月20日21日の収支報告です>【3連単6点通常コース】  …

続きを読む