【函館記念2019】本命馬候補情報

<函館記念2019 函館芝2000m> <函館記念2019 有力本命馬情報> 【1レッドローゼス】前走福島民報杯は、11番手追走、3角手前から仕掛けてのロングスパートで直線抜け出してオープン初勝利。芝2000mでは11戦3勝・2着3回・3着1回、複勝率81%と高い距離適性が認められる。また札幌芝2000mでは1勝・2着1回で洋芝への適性も高い。 【4マイスタイル】函館芝2000mは2戦2勝、得意コースで重賞初制覇なるか注目される。前々走のダービー卿チャレンジは勝ち馬とタイム差なしの3着に好走。前走の巴賞は休み明けで16キロの馬体重増加で明らかに太目残り。恐らく函館記念に照準を合わせての太目残りだったと思われ、馬体が絞り込まれていれば勝ち負けになる。 【10ステイフーリッシュ】2走前の大阪杯では13着に大敗したものの、前走鳴尾記念で3着したようにG2・G3では1着1回・2着2回・3着3回と安定した実績を残している。父ステイゴールドで小回りと力の要る洋芝への適性が高くコース替わりで一変してくる可能性がある。 【14ナイトオブナイツ】函館は5戦2勝・2着1回。前走の巴賞クビ差2着の善戦した。ハービンジャー産駒で小回りへの適性が高く函館コースを得意にしている。滞在競馬で気配が上向いており、重賞初制覇の期待が大きい。 【16エアスピネル】マイル重賞3勝の実力馬。初めて2桁着順に敗れたマイルチャンピオンから巻き返せるか注目されるが、2000mへの距離延長と約8か月ぶりの休み明け初戦と克服すべき…

続きを読む