【中京記念2019】本命馬候補情報

<中京記念2019 中京芝1600m> <中京記念2019 有力本命馬情報> 【プリモシーン】前走のヴィクトリアマイル、前々走のダービー卿CTのいずれもタイム差なしの2着。後方一気の末脚勝負から中団追走から勝ちに行く競馬ができるようになったことで、展開に左右されにくくなった。昨年は古馬との初対決となった関屋記念を勝ち重賞2勝目を挙げた。夏は牝馬で1番人気でも外せない。 【カテドラル】アーリントンCで2着、NHKマイルで3着に好走。距離短縮と先行策かからここ2走は後方待機直線末脚勝負に脚質転換したことで復調して連続2着に好走することができた。新馬戦を勝った中京コースなら重賞初制覇ビッグチャンスだ。 【ロードクエスト】昨年G1馬のモズアスコットを破ってスワンSを制覇後は7連敗、内4戦は2桁着順。ハンデ戦斤量はトップハンデの57キロ。重賞3勝の実績はあるが、条件厳しく巻き返しは難しいかと判断せざるを得ない。 【ミエノサクシード】今年は阪神牝馬Sと京都金杯のマイル重賞で3着に好走。中京記念はスピードの持続力と馬力が求められ、ミエノサクシードは息の長い末脚を持つ。時計のかかるタフなコース設定の中京に変わりステイゴールドの強みは引き出され好走の期待が高まる。 【グルーヴィット】新馬戦、500万下はダート1400mで連勝。初芝のファルコンS(中京芝1400m)は、勝ち馬から0秒1の2着に好走。前走のNHKマイルCはD,レーン 騎手が騎乗するも10着に敗れた。ロードカナロア産駒で母父スペシャルウィ…

続きを読む