【 レパードステークス2019】本命馬候補情報

< レパードステークス2019 新潟ダート1800m内回り> < レパードステークス2019 有力本命馬情報> 【デルマルーヴル】これまでG1で2着2回、重賞で勝ち負けできる実力がある。今年はUAEダービーにも挑戦して世界の強豪馬相手に4着に好走。レース間隔は詰まっているが叩き良化型で一度使った上積みがある。夏の暑さに順応できるかが鍵になる。 【サトノギャロス】4戦3勝で前走の清里特別は、逃げ・先行策から1転して4角10番手からメンバー中最速上がりの末脚で差し切って快勝、自在性の高さを示した。3勝はダ1200m・1400mなので1800mへの距離延長を克服できるか。 【ブラックウォーリア】前走インディアトロフィー(中京ダ1900m)は、雨の影響が残って脚抜きのいい馬場。3か月半の実休み明けだったが絞れていた。外枠からすっと2番手の好位につけた。直線で抜け出してレコードタイムで勝利。強い勝ち方で実力がついてきたことを示した。 【アッシェンプッテル】鷹取特別は、出遅れて後方からになったが、勝負所で外を回って上がっていき、直線で内の2頭を交わして抜け出し2連勝。ダ1800mで2勝、前走2000mからの距離短縮で更に強さを発揮してくると思われる。先行馬に有利なコース形態になっているが、353.9mという直線は東京・中京の直線に次いで直線は長く差し馬も能力を出せる。 【ヴァイトブリック】前走ユニコーンSはスタートで出遅れ、体調面も覇気に欠けていたこともあり11着に敗れた。中間はノーザンファー…

続きを読む