【北九州記念2019】有力穴馬情報

<北九州記念2019 小倉芝1200m> <北九州記念2019 有力穴馬情報> 【8ファンタジスト】芝1200mと芝1400mでデビュー3連勝を飾り、内重賞2連勝。スピード能力に優れている。クラシック路線を目指しマイル以上のレースに参戦したが、明らかに距離が長すぎた。適性が低いマイルから2000mを使われたことで馬がズブくなっていないか慎重な見極めが必要だ。 【11アンヴァル】昨年の北九州記念を3歳牝馬で果敢に古馬とのスプリント対決に挑むも、クラシック参戦の疲労が残っていたことが影響して10着に敗れた。マイルは桜花賞一戦のみで、あとはスプリントレースを使われいたので、ズブくならなくてすんだ。今年は時計の掛かる馬場で善戦を続けているが、本来スピードを活かせる高速馬場の方が合っている。馬場を問わない脚質が安定した走りに繋がっている。 【17カラクレナイ】前走バーデンバーデンC(福島芝1200m)は、フルゲートの大外枠から中団を追走。勝負所で外から上がっていき直線でも維持してを持続して抜け出し、時計の掛かる馬場を克服して快勝、芝1200mでの初勝利となった。 【18ミラアイトーン】芝1200mの布院特別、紫川特別、淀屋橋S、鞍馬Sを一気の4連勝で1000万下からオープンまで勝ち上がってきた上り馬。芝1200mへ路線変更して一気に資質が開花、適性距離のレースを使うことがいかに重要であるかを示した。半兄に鳴尾記念をコースレコードで勝ったストロングタイタンいる。 (50位前後の3連単6点勝負紹…

続きを読む