【札幌記念2019】有力穴馬情報

<札幌記念2019 札幌芝2000m> <札幌記念2019 有力穴馬情報> 【2クルーガー】豪州のクイーンエリザベスSでは、歴史的名馬ウィンクスと1.5馬身差の2着に大健闘、世界でも通用する実力があることを示した。7歳になっても衰えはなく、実力健在だ。力の要るダートや不良馬場で差せる馬力と瞬発力・操縦性の高さ、距離の融通性がある。札幌2000m洋芝のパワーが求められる馬場は合っている。既に招待されている豪州G1コックスプレートに参戦することが決定。G1馬4頭の強豪馬が相手になるが豪州G1制覇するには、前哨戦でも負けられない一戦になる。 【3ステイフーリッシュ】2018年12月以降は重賞で6戦2着2回・3着3回、着外はG1大阪杯だった。中距離のG2・G3での安定感は抜群。高速決着になると分が悪い。時計の掛かる馬場の内回り・小回りコースで高い潜在能力を発揮できることから、札幌芝2000mへの適性は高いことが推測される。重賞で1勝・2着2回・3着4回の実績がありながら、一線級のG1馬が4頭も参戦することで全く人気にならない。勝ち負けするには少し実力不足は否めないが、3着で穴をあける実力はある。 【6ランフォザローゼス】97、98年の札幌記念を連覇したエアグルーヴを祖母に持つ良血馬で、ドゥラメンテ、ルーラーシップなど数多くの一流馬をだしている名牝系。キングカメハメハとの血統的相性も抜群に良い。ただ3歳時にG1馬が4頭競合する札幌記念に駒を進めてきたということは、自信の表れなのか。ここで一線級古…

続きを読む