<札幌記念・北九州記念情報>札幌記念北九州記念

北九州記念コース特性(小倉芝1200m)1周1615mという距離は、福島競馬場に次ぐ小ささ。293mの直線に坂は設けられていない。小倉競馬場は平坦、小回りで典型的なローカル競馬場といえる。ゴール前の直線は平坦だが芝コースの高低差は3mある。芝1200mは2コーナー奥のポケット地点からスタートを切る、2段階の下り勾配を経て平坦な直線に向く。スタートからゴールまで、上り勾配がない。そして勝負どころの3~4コーナーはスピードを持続して回れるスパイラルカーブになっている。スタートからゴールまで2回の下り勾配、スパイラルカーブ、激しい先行争いからハイペースになりがち。直線は短いが差し馬の追い込みが決まることが多い。ハイペースを先行して押し切るにはマイル寄りの適性が求められる。差し馬は絶対的なスピードに加え、コーナリングでの機動力が要求される。 <北九州記念情報> 【3アレスバローズ】昨年の夏CBC賞と北九州記念を連勝。今年も同じローテーションCBC賞2着からの参戦になる。暑い夏場に調子を上げてくるタイプ前走CBC賞2着でも34秒4のメンバー中最速上がりの末脚を使っていることから上昇気配であることが推測される。【5ディアンドル】2歳未勝利から前走葵S(G)まで芝1200mで一気の5連勝中の上がり馬。先行して直線でも瞬発力があるスプリント資質が相当高い馬。古馬対決重賞でも3歳牝馬の軽い斤量をいかせれば勝機あり。高速馬場でも時計の掛かる馬場でも関係なく力を出せる能力はG1でも勝ち負けできるようになると思われる…

続きを読む