キーンランドカップと新潟2歳ステークスのまとめ

キーンランドカップのコース特性について(札幌芝1200m)向う正面奥のポケットからのスタート。3コーナーまでの直線距離は412m。向う正面の直線は緩やかな上り。コーナーの半径が大きい緩やかなカーブできつくなく回りやすい。4コーナーからゴールまでの直線距離は短く約266m。直線一気の追い込みではよほど実力差がない限り簡単に差し切るのは難しい。緩やかで大きなカーブのため外を回れば回るほど距離ロスが大きくなる。先行力と自在性、機動力、馬群を捌く度胸が求められる。内枠の先行馬が有利なコースになっているが、3コーナーまで412mと直線が長くダッシュ力のある馬であれば揉まれない外枠からのスタートでも懸念はなさそうだ。ただ開幕5週目。耐久性に乏しい洋芝のため傷みの目立つ内ラチを走る馬が苦戦するようになる。週を重ねるごと外からの差しが決まりやすくなる傾向になっていく。馬場状態を注意深く観察する必要がある。 <キーンランドカップ2019 有力本命馬情報> 【1ナックビーナス】昨年のキーンランドカップを逃げ切り2馬身半差をつけての圧勝だった。近2走はG1で結果を残せていないがG3なら勝ち負けできる実力がある。オーシャンSやトップハンデを背負ったカーバンクルSで2着に好走。今年は香港遠征明けで臨戦態勢が昨年とは違い、体調面に若干の懸念が残る。岩田康誠騎手との新コンビで連覇を狙う。 【4セイウンコウセイ】17年高松宮記念1着、19年2着で実力、実績はメンバー中最上位。夏初戦のCBC賞もトップハンデで3着と力は示せた…

続きを読む