京都大賞典コース特性

京都大賞典コース特性について(京都芝2400m外回り) 京都外回りコースは1周1894m、直線の長さは403mで直線が平坦の割にゴール寸前差し馬の強襲が決まるケースも多い。京都馬場の最大の特徴は3コーナーの坂。外回りコースの坂の高低差は4.3m。先行力とインを器用に立ち回れる能力があれば瞬発力がなくて好走することがある。スタート後、1コーナーまで約600mでやや速めに流れるが1コーナーに入るまでにはペースが落ち着く。逃げ馬が2頭以上いる場合は前半から必然的にハイペースなり差し馬有利になるが、逃げ馬がいない場合はけん制し合ってスローになればて前有利になる。スローで流れての3コーナーの下り坂から長めの上がり勝負になれば、有力な差し馬でも差し切れないことがある。展開によって結果が変わるコースである。向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下る。コースの起伏は直線も含めてほぼ平坦、3コーナーに小高い丘があるようなイメージになる。坂の下りで惰性をつけて平坦な直線に向くという戦法が主流で、残り800mを坂の下りで惰性をつけてからロングスパートできるスタミナと直線で末脚の切れが求められる。 ≪実際の無料メルマガ予想配信≫(2019年9月21日)ながつきステークス対抗穴馬的中!4番人気優勝【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン】単勝13なら1,070円的中 有料配信は15450円3連複6点的中中山11R【◎本命馬】 ⇒【11ヒロシゲゴールド】2番人気2着【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン…

続きを読む

毎日王冠コース特性

≪毎日王冠コース特性≫(東京芝1800m左)ポケット地点からの変則スタート。スタート直後2コーナーを斜めに曲がるので外めを通らされると不利になる。この2コーナーでうまく流れに乗れる器用さと、直線に末脚を温存できるタイプが好走しやすい。内枠が断然に有利なコース。スローで流れる傾向があり、ロスなく内ラチを走れる器用さと機動力はコース克服の必須条件。外枠の先行馬は終始外を回らせられるので2000m重賞で勝てるスタミナとスピード能力の高さが求められる。また内枠の追込み馬も2コーナーまでの激しい先行争いで前が詰まるので馬郡を割って抜け出せる強い精神力なければひるんでしまう。逃げ・先行馬に有利なスローペースからの瞬発力勝負になりやすいので、先行力に加えて直線での瞬発力が要求される。G1にはない距離芝1800m独特の適性のある芝1800m巧者が好走する確率が高い。 ≪実際の無料メルマガ予想配信≫(2019年9月21日)ながつきステークス対抗穴馬的中!4番人気優勝【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン】単勝13なら1,070円的中 有料配信は15450円3連複6点的中中山11R【◎本命馬】 ⇒【11ヒロシゲゴールド】2番人気2着【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン】4番人気優勝【△馬】   ⇒【16ヴァニラアイス】1番人気11着 【3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想】(2019年9月21日)ながつきステークス【9月21日中山11R15450円3連複6点的中】中山11Rながつきステークス⑪⇒単勝期待的中率⇒…

続きを読む

サウジアラビアロイヤルカップコース特性

サウジアラビアロイヤルカップコース特性(東京1600m芝左)スタートから3コーナーまで約550mの直線で少し速めの流れになりやすく、3コーナー手前で坂を登り、再び下りでコーナーに進入するため、コーナーでなかなか息を抜けないので上がりが掛かるスタミナ消耗戦になるコース。逃げ切るのが難しいコースで1800m以上を走れるくらいのスタミナが必要になる。脚質的には差し馬が有利で中距離路線からの馬が狙い目。東京新聞杯では55Kg以下の軽斤量馬の活躍が目立つ。直線の残り480m地点から残り260m地点にかけての坂がは高低差は2m。中山や阪神に比べると勾配はなだらかでも220mに及ぶこの直線の坂は『だんだら坂』と呼ばれている。この『だんだら坂』を上った後にゴール前でもう度末脚を発揮すことが要求される。紛れの少ないコース設定で馬の能力がストレートに反映されるコース。 ≪実際の無料メルマガ予想配信≫(2019年9月21日)ながつきステークス対抗穴馬的中!4番人気優勝【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン】単勝13なら1,070円的中 有料配信は15450円3連複6点的中中山11R【◎本命馬】 ⇒【11ヒロシゲゴールド】2番人気2着【★対抗穴馬】⇒【13ゴールドクイーン】4番人気優勝【△馬】   ⇒【16ヴァニラアイス】1番人気11着 【3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想】(2019年9月21日)ながつきステークス【9月21日中山11R15450円3連複6点的中】中山11Rながつきステークス⑪⇒単勝期待的中率⇒1…

続きを読む