【スプリンターズステークス2019】血統分析

<スプリンターズステークス2019 中山芝1200m外回り> <スプリンターズステークス2019 血統分析情報> 【2ダノンスマッシュ】ロードカナロア産駒。母の父ハードスパン。父ロードカナロアはアーモンドアイ、ステルヴィオ、サートゥルナーリアと、マイル以上でのG1勝ち馬を輩出している。過去10年ミスタープロスペクター系が5勝・2着3回・3着回。サンデーサイレンス系は1勝とまり。父ロードカナロアも12年・13年スプリンターズSを連覇した国内最強短距離馬だった。母の父ハードスパンはダンヒチ系でスプリンターズSでは母の父ダンヒチ系の好走度が高い。母母ハリウッドワイルドキャットはダート・芝9Fの米国G1を3勝.父キングマンボ系と母系にロベルトが配合されるとパワーとスピードが強化されて短距離向きになる傾向がある。短距離馬として理想的な配合になっている。 【4リナーテ】ステイゴールド産駒。母の父オーペン。有馬記念、菊花賞など重賞6勝したサトノダイヤモンドの3/4妹で父がディープインパクトからステイゴールドになった。本レース過去10年サンデーサイレンス系が1勝止まりで、血統的な適性が劣っている事実を踏まえておくべきだろう。母マルペンサはデインヒルに配合構成が似ている。ナカヤマフェスタ、フェノーメノはステイゴールドとデインヒルの血脈流れてい母が配合されている。距離適性に懸念はあるが、ハイペースの直線勝負になったら強烈な末脚差し切りがあっても非凡な血統背景から驚けない。 【7モズスーパーフレ】スパイツタ…

続きを読む

【スプリンターズステークス2019】コース適性分析

<スプリンターズステークス2019 中山芝1200m外回り> <スプリンターズステークス2019 コース適性分析> 【2ダノンスマッシュ】中山コースは初めてになる。好位で折り合い直線で一気に抜け出す切れる末脚、自在性とコーナーでの機動力がある。高速馬場でも時計の掛かる馬場でも大丈夫。芝1200mであればどんなコースにも順応できる。しいて言うならば左回りが苦手で右回りの方が断然得意。高松宮記念敗退原因は左回りで、右回りG1なら勝ち負けになること間違いなしだ。 【7モズスーパーフレア】中山芝1200mはすべて逃げて4戦3勝・2着1回、連対率100%の中山巧者。抜群のダッシュ力とスピードがある。コーナーは比較的回りやすく、3コーナー半ばまで下りが続くため加速してスピードを持続しやすい。スピード勝負になりやすい9月開催ではインで立ち回る器用さを要求されるため一層先行力のある馬が有利になる。高松宮記念は15着、中京は走りにくそうで脚質から仕方ない結果。しかしG1の舞台が中山へ変わることで大敗から一転巻き返してくる、コース適性がある。 【8タワーオブロンドン】中山コース未経験。セントウルSは出遅れを挽回してレコード決着、2着馬の馬身差をつけての圧勝だった。脚質的に差し馬なのでセントウルSのような阪神開幕週の高速馬場への適性が高い。中山最終週の荒れた馬場でどう決め手いかすかが鍵になる。馬場の良いところを走れるなら圧勝もある。 【9ディアンドル】中山芝1200mは2戦2勝。抜群の先行力と逃げても2・3番…

続きを読む

【スプリンターズステークス2019】有力穴馬情報

<スプリンターズステークス2019 中山芝1200m外回り> <スプリンターズステークス2019 有力穴馬情報> 【3セイウンコウセイ】高松宮記念は優勝と2着の実績がありながら、スプリンターズステークスは11着と12着。中山コース克服が最大の鍵になる。今年も高松宮記念2着、CBC賞3着と実力を示している。今は実力をつけいるしい相性の良い幸騎手ななら中山もこなしてくれるはずだ。高速馬場になれば割引だが時計の掛かる馬場になれが急浮上してくる。 【5レッツゴードンキ】2015年の桜花賞馬。今年阪急杯で2着に入り、まだまだ衰えていないことを結果で示した。ヴィクトリアマイル以来約4か月ぶりの実戦、前走は後方から33秒2の脚を使うが10着、マイルは少し長かったようだ。スプリントG1は2着3回の実績を誇る。得意のスプリント戦に戻ることでパフォーマンスを上げてくる。今年でスプリンターズステークスは4回目7歳になり大きな上積みは見込めないが、地力が高く2着に滑り込む可能性は十分にあると思われる。 【10ラブカンプー】昨年のスプリンターズステークスは11番人気の低評価を覆して2着に激走。その後は3歳時に激走した疲れが抜けきれないままレースを使われで4戦連続最下位で現在6戦続けて2桁着順に甘んじている。状態が戻り本来のスピード能力を発揮できればここでも実力は上位。高速馬場での復活は難しと思われるは、時計の掛かる中山最終週の適度の荒れた馬場の方が復活激走の可能性はある。 【12ダイメイプリンセス】昨年のスプ…

続きを読む