【神戸新聞杯2019】有力穴馬情報

<神戸新聞杯2019 阪神芝2400m外回> <神戸新聞杯2019 有力穴馬情報> 【1ジョウショームード】デビューから7戦すべて内回り・小回りコースを使われている。ローズキングダム×リンカーンで派手さはないが長距離への適性が高い配合で長く良い脚が使えるレースで高い潜在能力を出せると思われる。阪神芝2400m外回りなら最高のパフォーマンスを発揮できる可能性を大きく秘めている。 【2ユニコーンライオン】540キログラムの馬体重でのデビュー時540キロあった馬体が2走前の八雲特別時514キロ、前走松前特別510キロにそれぞれ絞り込めたことで資質が開花していずれも好位抜け出しで2連勝。人気はないが夏場を使った強みがあり、クラシック路線を使われた有力よりも、体調面では1歩抜け出ている。時計や上がりがかかったほうが狙いやすいタイプ。 【7ヴィント】未勝利、500万下を連勝してダービーに参戦するも、見せ場なく14着に沈む。520キロを超える大型馬で休み明けは太目残りが懸念され、ここを使われてから良くなっていくと思われる。当初は冬場開催の京都の時計のかかる馬場が合っていたが、勝利、500万下の速い時計を要求された芝で連勝したことで、重賞でも互角に走れることを示した。 (50位前後の3連単6点勝負紹介文に有力穴馬アップ中です)最強競馬ブログランキングへ ☜こちらからどうぞ(^。^)y-.。o○ (4位前後の3連単6点勝負紹介文に有力本命馬アップ中です)予想の参考になれば幸いです(^.^)/~~~ブロ…

続きを読む

【神戸新聞杯2019】有力馬情報

<神戸新聞杯2019 M阪神芝2400m外回 <神戸新聞杯2019 有力本命馬情報> 【3サートゥルナーリア】ホープフルS、皐月賞まで無敗の4連勝で挑んだダービーは乗り替わりや、出遅れたこともあり無念の4着に泣いた。ダービーの、もうひとつの敗因に距離適性が合わなかった可能性もないとは言えない。2000m付近が1番適性があると思われ、神戸新聞杯、菊花賞を使われることでズブさが出てこないか大きな懸念が残る。超良血馬だけに、G1をあと2、3勝は出来る実力があり、長距離へ冒険は本当に心配だ。 【4レッドジェニアル】前々走の京都新聞杯を鋭い末脚を使い勝利。ダービーは後方15番手から追い込み直線ではいい脚を使ったが出遅れと外を回った距離ロスが大きく8着が精いっぱいだった。母の父マンハッタンカフェの影響を強く受けており、京都コースを得意にしている。阪神で良い走りができれば本番菊花賞で目玉穴馬になるかもしれない・ 【5ヴェロックス】皐月賞2着、ダービー3着とコース形態の異なるG1でいずれも好走。先行力があり距離、コースも全く問題なく適性面から最有力候補になる。ダービーではサートゥルナーリアに先着しているように距離が長ければヴェロックスの方に分がある。ジャスタウェイ産駒で持続力に優れた中距離馬。ダービーは後手に回ってしまい持ち味を出し切れなかった。2400mはベストで夏場を越しての成長力に注目すべきだろう。 【6シフルマン】ここへきて早苗賞(500万下)京橋特別(2勝クラス)を2連勝と上昇気流に乗った…

続きを読む

【オールカマー2019】有力馬情報

<オールカマー2019 中山2200m芝右外回> <オールカマー2019 有力本命馬情報> 【1ミッキースワロー】中山芝2200mではセントライト記念・1着、AJCC・2着と文句なしの実績がある。前走の七夕賞は道中は控えて10番手で追走。4角過ぎての勝負所で外から上がていき直線でもをスピードを維持して外から抜け出した。七夕賞優勝後は短期放牧に出されて、ひと息入り状態は上がってきて精神的に落ち着きがある。七夕賞時のように自分のタイミングで仕掛けれるレースが出来れば2強に入り込むことも可能になるだろう。 【3クレッシェンドラヴ】前走の七夕賞は3か月ぶりの実戦だったが、仕上がっており実力を出せる状態だった。スタートで出遅れ後方14番手を追走。直線、大外から追い上げたが、届かず2着。出遅れたのが痛かった。パワーと持続力に優れている中距離馬で、中山は合うが高速馬場では決め手に欠けるので厳しいが週末は雨予報がでている。雨が降り時計の掛かる馬場になれば着の可能性がでてくる。 【7ウインブライト】中山コースは重賞4勝を含む、8戦5勝・2着2回と抜群にコース適性がある。また重賞3連勝でクイーンエリザベス2世CをレコードタイムでG1初制覇を達成。世界に通用する実力があることを示した。前々で流れに乗れる起動力が中山での適性を高めている。松岡騎手が引き続きの騎乗は大きなプラス。天皇賞(秋)、香港遠征を予定しており、得意の中山で絶対に負けられない。 【8レイデオロ】ダービー、天皇賞(秋)とG1を2勝してい…

続きを読む