新潟記念・小倉2歳S総合情報

小倉2歳ステークスコース特性(小倉芝1200m)1周1615mという距離は、福島競馬場に次ぐ小ささ。293mの直線に坂は設けられていない。小倉競馬場は平坦、小回りで典型的なローカル競馬場といえる。ゴール前の直線は平坦だが芝コースの高低差は3mある。芝1200mは2コーナー奥のポケット地点からスタートを切る、2段階の下り勾配を経て平坦な直線に向く。スタートからゴールまで、上り勾配がない。そして勝負どころの3~4コーナーはスピードを持続して回れるスパイラルカーブになっている。スタートからゴールまで2回の下り勾配、スパイラルカーブ、激しい先行争いからハイペースになりがち。直線は短いが差し馬の追い込みが決まることが多い。ハイペースを先行して押し切るにはマイル寄りの適性が求められる。差し馬は絶対的なスピードに加え、コーナリングでの機動力が要求される。 <小倉2歳ステークス情報>【3ラウダシオン】新馬戦(阪神芝1200m)はゲート入りを嫌がったが、追われてからの反応は鋭く、2番手先行から楽に抜け出し1馬身半差の余力たっぷりの完勝で人気に応えた。体が締まってきたことで、徐々に良くなってきている。一気に素質開花する可能性大。武豊騎手の同一重賞3連覇なるかにも注目が集まる。 【5トリプルエース】新馬戦(阪神芝1200m)は時計の掛かる馬場、スローペースの中5番手で折り合う。直線では先行馬を交わして抜け出し快勝、超スローペースだったので実力のレベルを把握するのは難しい。時計の掛かる馬場には対応できた。今週は雨が続…

続きを読む