<菊花賞2019予想総合情報>

<菊花賞2019予想情報> 【1ザダル】無傷3連勝でプリンシパルSを制しましたが、状態を考慮、馬へ無理な負担をかけないで成長を促して、クラシックは菊花賞へ目標を絞り込みました。セントライト記念3着は予定通り、マラソンレース菊花賞本番のために体力を温存できました。父トーセンラーはセントライト記念2着、菊花賞3着で、京都コースは4勝・2着4回・3着4回と抜群コース適性がありました。菊花賞大駆けの可能性を秘めていると思われます。 【5ワールドプレミア】前走の神戸新聞杯は1000m通過が1分3秒4の超スローペースでワールドプレミアには厳しい展開になりました。前に行った馬に有利な流れを後方2番手から上がり最速32秒3の猛烈な脚で3着まで追い込みました。全5戦で武豊騎手が手綱をとっています。神戸新聞杯は、本番菊花賞を想定して折り合いをつける競馬をワールドプレミアへ実戦を通して教えているように見えました。騎手の手腕が勝敗をわける菊花賞、武豊騎手マジックがみられるかもしれません。 【7ヒシゲッコウ】半兄にマイルCSを制覇したステルヴィオがいます。父は菊花賞馬キセキを輩出しているルーラーシップで血統的適性も高そうです。全4戦ですべて最速上がりの末脚を使っています。前走の阿寒湖特別(札幌芝2600m)を勝って2連勝中の上昇馬。阿寒湖特別は35秒8の上がりで6番手から一気に差しきりました。長く良い脚が使えて、操縦性が高いので長距離レースで優れた能力を発揮してくることが推測されます。 【8メロディーレーン】オ…

続きを読む