【天皇賞(秋)2019予想】有力穴馬情報

<天皇賞(秋)2019予想 東京芝2000m> <天皇賞(秋)2019予想 有力穴馬情報> 【4スワーヴリチャード】昨年の大阪杯でG1初制覇を達成しました。その後は6戦中4戦で3着してるように、ハイレベルなスピード競争のG1で上位に食い込んだ実力は侮れません。東京コースは7戦2勝・2着2回・3着2回の適性が高く、巻き返しに期待できそうです。昨年はスタートの不利が大きく響き10着に敗れたがジャパンカップでは3着してるように、長い直線でも長く良い脚を使えます。 【6ユーキャンスマイル】前走の新潟記念は17年の未勝利戦以来で、直線4走はすべて3000m以上でした。一気に距離短縮に難なく対応でき1分57秒5の好時計で勝利しました。左回りの東京・新潟では3戦3勝の左回り巧者です。人気にはなりませんが、菊花賞3着、天皇賞(春)5着とG1でも実力は通用します。重賞2勝の実績がありながら人気の盲点になています。 【8マカヒキ】16年ダービー馬でニエール賞以来約3年ぶりの勝利を狙います。凱旋門賞のタフな馬場で心身ともに大きなダメージを受けてからの立ち直りに苦しんでいます。年齢的に2000mを超える距離になると厳しいですが2000mまでなら十分実力を出せる距離だと思われます。今の実力で勝ち切るのは厳しい面があることは否めませんが、2着・3着で穴を開ける可能性は大いにあると思われます。 【15ウインブライト】QE2世Cを世界の強豪馬相手に見事優勝。世界に通用する実力を示しました。帰国後初戦のオールカマ…

続きを読む