【天皇賞(秋)2019予想】コース適正情報

<天皇賞(秋)2019予想 東京芝2000m> <天皇賞(秋)2019予想 有力コース適正馬情報> 【2アーモンドアイ】東京コースは4戦3勝・3着1回、複勝率100%。国内戦では8戦すべてでメンバー中最速上がりの末脚を使っています。どこからでも行ける自在性の高い脚質、超ハイペースを先行して押し切るスピード能力も備えています。ゴールまで一貫して速いラップを刻み、逃げ、先行馬にとっては、なし崩しに脚を使わされる、かなり厳し展開が予想されます。世界レコードで優勝したジャパンカップの走りから、速いラップの叩き合いは望むとこです。ハイペースになればなるほど、展開はアーモンドアイへ向いてくると思われます。 【4スワーヴリチャード】東京コースは7戦2勝・2着2回・2着2回で複勝率は85%です。昨年の天皇賞(秋)は1番人気に支持されましたが、スタートに不利が響き10着に敗れましたが、世界レコード決着のジャパンカップでは3着に差し東京適性を示しました。昨年大阪杯を後方15番手から追い込み3角手前かあらハナに立ち押し切ったスピード能力は一級品です。あのロングスパート走りの再現が出来れば好勝負必至です。 【5アエロリット】東京コースは9戦3勝・2着4回、連対率77%。2000mへの距離延長が鍵になりすが、毎日王冠で一線級牡馬相手に昨年優勝、今年は2着してます。毎日王冠で勝ち負け出来ていれば東京2000mへも対応できる可能性は高い傾向にあります。天皇賞(秋)1分56から57秒台の決着になることが多く、高速…

続きを読む