天皇賞(秋)総合情報

天皇賞(秋)コース特性<天皇賞(秋)本命馬><天皇賞(秋)穴馬><天皇賞(秋)コース適正><天皇賞(秋)血統>

続きを読む

【天皇賞(秋)2019予想】血統情報

<天皇賞(秋)2019予想 東京芝2000m> <天皇賞(秋)2019予想 血統情報> 【2アーモンドアイ】ロードカナロア産駒。母の父サンデーサイレンス。母フサイチパンドラはエリザベス女王杯を勝ちハイペースのオークスで2着の実績があり、スタミナに自信のあるタイプでした。3代母セックスアピールの牝系は優秀でG1馬が輩出されています。父がロードカナロアで距離の融通性を高めています。 【6ユーキャンスマイル】キングカメハメハ産駒。母の父ダンスインザダーク。父はミスタープロスペクター系キングカメハメハ、母父は長距離型ダンスインザダーク。過去10年でキングカメハメハ産駒2勝、その父がキングマンボで同じキングベスト産駒が1勝を挙げています。キングカメハメハ×ダンスインザダークの組み合わせは15年優勝馬のラブリーデイと同じです。キングマンボ系は東京の長い直線で高い潜在能力を発揮する傾向があります。 【9ダノンプレミアム】ディープインパクト産駒。母の父インティカ。2010年台の天皇賞(秋)は、馬場が軽くなり走破時計が速くなり過ぎてマイラー色強い血統の馬も勝ち負けできるようになってきました。17年の重馬場を除くと、サングレーザー、モーリス、リアルスティール、イスラボニータと、マイラー寄り適性の馬が必ず馬券に絡んでいます。天皇賞(秋)のディープインパクト産駒は1勝2着4回・3着1回。母インディアナギャルはダンヒチ系で、ディープインパクトとダンヒチの血脈もつ母との組み合わせは東京コースのG1で多くの実績…

続きを読む