天皇賞(秋)情報まとめ

天皇賞(秋)コース特性(東京芝2000m)1コーナー奥にあるスタート地点から約100m地点に左へ曲がる大きなカーブがある。2コーナーまでの距離が短いため、外を通ると距離のロスが大きく内枠が断然に有利。大外枠の優勝は04年のシンボリクリスエスまで遡らなければならない。8枠を引かされるとかなり厳しいと認識しておいたがよさそうだ。3コーナーの手前に高低差1.5mというけっこう急な上り坂。 3~4コーナーにかけては下り坂になっている。4コーナーの手前からは再び若干の上り坂に。そして直線の残り480m地点から残り260m地点にかけて220mで2mを坂を駆け上がることになる。勾配は中山や阪神に比べるとなだらかでも駆け上がった後に、ゴールまで300mの直線での激しい追い比べとなる。天皇賞(秋)過去10年の平均勝ちタイムは1分57秒9。稍重馬場でも58秒台の決着となっており、ペースが厳しくなれば1分56から57秒台の決着になる。速いタイムに対応できるスピード能力が求められる。直線部分が多く、終始スピードが出るコース形態であることが特徴で、11秒台から12秒台前半のラップが長く続くことが多い。道中で息を入れにくく、13秒台までペースが落ちることは、ほとんどない。前半1000mの通過タイムは、60秒を切ってくる。ゴールまで一貫して速いラップを刻み、逃げ、先行馬にとってはなし崩しに脚を使わされかなり厳しく直線の坂で失速する馬も多い。速いラップに対応できるスピードの持続力、直瞬発力、叩き合いでの底力とゴール前の叩き合いに…

続きを読む