チャンピオンズカップのまとめ

チャンピオンズカップのコース特性(中京ダ1800m左)ダート1800mのスタート地点はホームストレッチの上り坂の途中がスタート地点となる。1~2コーナーはほぼ平坦。向正面直線には緩い上り坂。残り980m地点から緩やかな下り坂が始まり3~4コーナー部分はすべて下り坂で、スピードに乗ったまま直線へ向かう。ゴール手前380m地点より220m地点にかけて160mの勾配は1.14%、高低差1.8mの急坂が待ち受ける。坂を上りきった後の220mは、ほぼ平坦。ゴール前の直線は410.7m。直線距離は十分長く、坂もあり、正に底力が問われる。実力馬が十分に力を発揮できるG1にふさわしい舞台設定になっている。平均から速めのペースになりやすく、好位からしっかりと追走して直線できっちりと抜け出す正攻法の脚が求められる。アップダウンが激しいため、スタミナとパワーの両方を持つ先行馬が圧倒的に有利になる。2000mぐらいの距離をこなせるスタミナがあると心強い。ペースが速くなるので瞬発力を生かす差し、追い込み馬の台頭もある。狙いは好位から抜け出せる正攻法の競馬がきるスタミナとパワーの両方を持つ馬だ。 チャンピオンズカップ情報 【1タイムフライヤー】ダート路線へ転向後3戦目でG3武蔵野Sで2着、ダートへの適応力がついてきました。今回はO.マーフィー騎手が手綱を獲ることで潜在能力を最大限引き出して大きな変わり身をみせるかもしれません。伯父にダートのG1を5勝した名馬タイムパラドックスがおり、ダート適性はもともと高かったことが推測…

続きを読む