きさらぎ賞コース特性

きさらぎ賞コース特性(京都1800m芝右外)

2コーナー奥のポケットからのスタ3コーナー手前からに上り坂で一旦ペースは緩くなる。3コーナー途中からの下り坂を利用して一気に逃げ馬がペースを上げてく。外回りコースのため4コーナーではスピードが緩みにくく各馬が大きく外へ膨らむのでインから強襲できる器用な脚がある馬にはとても有利になる。また差し・追い込み馬は3コーナーあたりからのロングスパートできるタフなスタミナが求められる。前走500万を使われた馬が3勝している。5年前は未勝利を勝ったばかりの馬が勝っており格下馬にも勝てるチャンスがある。この時期は馬が大きく成長しているので大きく順位が入れ替わることがある。

この記事へのコメント