天皇賞(春)コース特性

天皇賞(春)コース特性
京都・芝3200m(外回り)

コーナーが6回ある外回りコースを約1周半する。開幕2週目で馬場もいいため内ラチ経済コースのポジション取りでスタート直後はある程度速く流れることが多い。しかしここで重要なポイントは3コーナーからの1周目の坂はゆっくり下るのが鉄則。1周目の正面スタンド前の直線で折り合ってスタミナを温存できるかが勝敗の鍵を握る。2周目の3コーナー過ぎの坂の頂上付近からゴールまでの800mを下り坂で勢いをつけて目一杯の追い比べとなりスタミナに加えて、800mを全力で走れる息の長い末脚が要求されるタフなコース。天皇賞(春)は小高い丘のイメージの3コーナーの坂を2度越える。坂の高低差は4.3m。向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下る。1周目はゆっくり折り合う2周目は究極のスタミナ比べになる。2周目の3コーナー過ぎの勝負どころからスピードを持続させるスタミナと、内ラチを上手に走ることのできる器用さが求められる。過去10年1枠から5頭の優勝馬がでている、馬場の良い経済コースを走れる1枠は断然に有利な枠順。

この記事へのコメント