☆天皇賞高配当期待穴馬最新情報☆

☆天皇賞出走馬高配当期待穴馬最新情報☆

☆ブエナビスタ☆
「夏場は予定どおりに放牧で休養。9月中旬に栗東トレーニング・センターへ戻りました。秋の第1戦は、このレースと決めていましたし、調整はすこぶる順調に進んでいますよ。体もふっくらしているし、トモの筋肉の張りも上々です」と、陣営は復帰戦に期待十分の様子だ。前走の宝塚記念(2着)では、ナカヤマフェスタに先着されたが「抜け出すとフワッとする面があるので、内と外で離れていたのが応えたかも」と敗因を分析。東京コースでは、昨春のオークス、今春のヴィクトリアマイルを制覇しており、JpnI・GI の大舞台で2戦2勝と得意のコースだ。天皇賞秋の馬券からは外しにくい。

☆アーネストリー☆
「札幌記念(1着)からここまでたっぷりとレース間隔があり、余裕を持って調整できました。夏の暑い時季も無事にクリアできましたし、仕上がりに問題はありませんよ。今回は東京コースに替わりますが、それが不安になるレベルの馬ではありませんからね。充実している今なら、GI を獲得するチャンスだと思います」と、陣営のムードは上々だ。充実ぶりはナンバー1。昨年の中日新聞杯、今年の金鯱賞・札幌記念と、芝2000mの重賞を3勝しており、2000mの距離が得意だ!

☆ジャガーメイル☆
「宝塚記念(8着)は案外な結果に終わりましたが、自分の力を出し切った感じがなく、気持ちの面が敗因かもしれません。夏場は北海道で休養して、秋はここから再スタートします。実績からは長目の距離が良いように思いますが、直線の長い府中コースなら中距離にも対応は可能でしょう。それに香港遠征の時から着用しているブリンカーの効果で、追い込み一辺倒ではなくなりましたからね」と、陣営もGI ホースの今季第1戦に期待を懸けている。東京・芝コースでは〔3・2・0・1〕と好相性。2008年のアルゼンチン共和国杯・昨年の目黒記念でともに2着の実績がある。また、芝2000mでも2戦2勝と好成績を残しているが、距離不足の感がある。人気になれは馬券から外したいと考えている。あとは、直前情報を加味して決めたい。

☆キャプテントゥーレ☆
「前走の朝日チャレンジCでは、強い勝ち方を見せてくれましたし、この秋の好スタートが切れましたね。その後はここを目標に乗り込んでいますし、今回も良い状態で臨めそうです。今の東京は芝のコンディションも良好ですし、この馬のスピードが活きそうです」と、スタッフは大きな期待を寄せての参戦だ。2008年の皐月賞に、朝日チャレンジC2連覇と、芝2000mの重賞を3勝。
距離の適性ではナンバー1!単勝人気10倍以上なら狙ってみる価値はありそうだ!


☆シンゲン☆
「7歳馬ですが、まだレース数を多く使っていないし、馬体は若々しいですよ。休養明けのオールカマーを勝った反動もなく、中間も順調に乗り込んでいます。今回は東京コースに替わりますが、実績どおりに左回りは得意ですからね。昨年5着の時は、レース中の骨折が影響したのか伸び切れませんでしたが、このあたりで何とかビッグレースを制したいところです」と、厩舎サイドのムードは非常に明るい。再三の骨折休養を乗り越え、昨年の新潟大賞典・エプソムC、今年の産経賞オールカマーと重賞3勝をマーク。これまで9戦して6勝と得意の東京・芝コース。昨年天皇賞は2番人気で5着。単勝オッズを見て決めたい。

☆ペルーサ☆
「毎日王冠(5着)の前は、たっぷりと乗り込んでいましたし、ゲートの練習も十分に積んで臨んだのですが、出遅れてしまいました。久々の実戦のせいか、レースの前からテンションが高く、それが影響したのかもしれませんね。この中間は落ち着きもありますし、1度使った効果はあると思います。前走でもラストは良く伸びてきたし、スタートさえクリアできれば、古馬のトップクラスが相手でも、引けは取らないはずです。ここは改めて期待しています」と、陣営も捲土重来を期して大一番に挑む。
実力は上位、しかし出遅れ癖がある馬は馬券の対象には選びにくいと考える。

☆アリゼオ☆
6番人気の評価を覆して、強豪が揃った前走の毎日王冠を優勝。今春のスプリングSに次ぐ、重賞2勝目をマークした。そのスプリングSでは、2歳王者のローズキングダム(のちの日本ダービー・菊花賞2着馬)を0秒2差の3着に退けており、現3歳世代でトップクラスにランクされる実力馬だ。「前走で差すレースができた点は大きな収穫でした。幸い反動もなく、引き続き好調をキープしています。今回は更に相手が強くなりますが、これくらいの距離は合いますし、馬場状態にも注文が付きませんからね。古馬の一線級を相手にどんな競馬ができるのか、非常に楽しみです」と、厩舎サイドは同馬の成長を感じている様子。
18番枠になった今回は馬券から外したいが、非常に悩むところだ。

☆スーパーホーネット☆
「安田記念(2着)のあとは、北海道に放牧へ出してリフレッシュしました。早くからこの秋は、天皇賞(秋)→マイルチャンピオンシップ→香港国際競走(香港Cと香港マイルに登録)の3戦と決めていました。牧場でも十分に乗り込みを消化してきましたので、好仕上がりでレースに臨めそうです。心身両面で完成された今なら、2000mにも対応は可能と見ているんですよ。相手は強豪ぞろいですが、東京コースも合うので、期待しています」と、スタッフの雰囲気は上々だ。
2000mの実績がない!



天皇賞秋高配当期待穴馬候補は人気薄の☆エイシンアポロン☆


2010年10月23日福島6R的中.jpg
2010年10月23日福島10R的中.jpg
2010年10月23日京都12R的中.jpg


★☆天皇賞秋高配当期待穴馬候補は☆キャプテントゥーレ


★2010年10月2日~24日・8日間の回収率★
☆購入レース⇒ 159レース
☆的中レース⇒ 12レース
☆購入金額(1点100円で試算) 108900円
☆払い戻し金額 205140円☆レース的中率⇒7.5%
☆回収率⇒188.3%☆収支⇒96240円プラス

☆10月2日からのスタートした、予想配信は1点100円で計算して昨日まで8日間で96240円の儲けです!☆

★1点100円で収益は96240円
★1点200円で収益は2倍で192480円
★1点500円で収益は5倍で481200円
★1点1000円で収益は10倍で962400円


3連単6点勝負!は少ない買い目6点で、万馬券を射止めます!

★なぜ1レース6点なのか?

答えは簡単です。

資金が持たないからです。

1レースに多くの資金を投入して、何レースも的中しなければ、資金はあっという間に底をつきます。

幅広く馬券を買うことで、リスクの分散を図り、万馬券を狙い撃ちします!

このブログではすべて、予想、結果、画像を公開しています。その威力を是非確認してみて下さい。



【予想結果報告】


【予想結果】 


【的中速報】 



★馬券は確立を熟知していないと、絶対に勝てません。

競馬のペイ率は75%です。

つまり、馬券を買い続けると、回収率は限りなく75%に近ずいていきます。

馬券を買っている人の90%以上の人が回収率はマイナス、つまり負けです。

回収率を100%以上、つまり勝ち組になるには、

仮に3連単の6点買い、1レースで600円の馬券を20レース3連単馬券を買ったとします。

購入金額12000円になります。

ということは、20レースに1回12000円以上の3連単馬券を的中できればいいのです。

この考えを身につければ、勝てます!


3連単6点勝負の管理人も有料情報と同じ馬券を必ず買っています。

私は3年間、3連単6点買いで、馬券を買い続けています。

儲かるから、買ってます。


3連単6点勝負!の有料情報は自信を持ってお勧めできます。



3連単6点勝負!有料情報、絶好調!秋のG1で稼ぎたい方、是非この機会にお試しください。

低価格の、4週8日間で8000円です。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック