☆フェブラリーステーク血統から本命・穴馬を考察☆

第28回 フェブラリーステークス(GI)

東京 1600m ダート・左

フェブラリーステークス血統的背景から高配当期待穴馬


トランセンド
ワイルドラッシュ産駒。ワイルドラッシュはダートの活躍馬を多く出している。母シネマスコープが芝の短距離で活躍したシネマスコープで、スピード能力が高く、母父トニービンで東京コースの長い直線で末脚をいかせる。

セイクリムズン
エイシンサンディ産駒。配合的に適性はありそうだが、マイル以上に実績がないのが気がかりだ。


フリオーソ
ブライアンズタイム産駒。同産駒は晩年になってダートでの活躍馬を出している。スピード不足は母の父ミスタープロスペクターがスピードを補っている。トリプティクなどが一族にいる一流でタフな母系の血統で期待したい。


バーディバーディ
ブライアンズタイム産駒。母の父シーキングザゴールドがスピード補っている。東京コース適性能力は高い。


シルクメビウス
ステイゴールド産駒は長くいい脚を使え、早い展開になりスタミナ勝負になれば勝機あり。

コスモファントム
Stephen Got Even産駒。大井ジャパンダートダービー2着の実績があり、ダート適性能力は高いはず。



フェブラリーステーク血統背景
血統的背景から
血統的穴馬をピックアップ!
★セイクリムズン★

 
予想の参考になれば幸いです(^.^)/~~~


ブログ閲覧誠にありがとうございます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック