☆弥生賞血統から本命・穴馬を考察☆

第48回 報知杯弥生賞(GII)

2000m 芝・右

弥生賞血統背景から高配当期待穴馬を考察

弥生賞血統は中山適性能力を重視。

先行して持続力を持ち合わせた能力が必要だ!



オールアズワン
ネオユニヴァース産駒でロジユニヴァース、ヴィクトワールピサと弥生賞を連覇。

中山コースに相性抜群。

ターゲットマシン
ディープインパクト産駒。潜在能力はずば抜けている。

サダムパテック
フジキセキ産駒はマイルまでなら狙えるが、今回は距離が長い。

デボネア
アグネスタキオン産駒は、活躍時期については2歳の早い時期から活躍する早熟タイプが多い。

特に3歳春~夏のクラシック競走において抜群の適性の高さを持ち合わせている。

プレイ
ロックオブジブラルタル産駒は、優れた先行力を生かして押し切るレースが多く、

スタミナとパワー、そしてスピードを持続力する能力がずば抜けて優れており、

中山コースで能力を発揮できる。



弥生賞血統背景から
血統穴馬をピックアップ!
★プレイ★


予想の参考になれば幸いです(^.^)/~~~


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック