【フィリーズレビュー血統背景から高配当期待穴馬】

謹んで東北関東大震災被災地の皆さまにお見舞い申し上げます。

皆様のご無事を心からお祈りしております。

まだ寒い夜が続きますが、

一日も早い復旧と皆様のご無事を心からお祈り申し上げます。


第45回 報知杯フィリーズレビュー(GII)

3月21日祝日開催決定

フィリーズレビュー血統背景から注目の高配当期待穴馬考察 


フォーエバーマーク
ファルブラヴ産駒。09年の優勝馬ワンカラットもファルブラヴ産駒でこのレースの適性能力はの信頼度は高い。

クリアンサス
Redoute’s Choice産駒。父Redoute’s Choiceはデインヒルを父に持つ豪州で短距離GIを4勝した名馬。
千四は2戦2勝と典型的な短距離馬、ここで狙いたい馬だ。

アイアムアクトレス 
アグネスタキオン産駒は活躍時期については2歳の早い時期から活躍できる仕上がりの早さを備えており、特に3歳春~夏のクラシック競走において抜群の適性を見せる。
芝で勝ち星がないのは不安材料だ。

クエルクス 
フジキセキ産駒は早熟のマイラー色は強いく、アグネスタキオン産駒と共通する特徴がある。

モアグレイス 
キングカメハメハ産駒。ローズキングダムやトゥザグローリーと同じキングカメハメハと母父サンデーサイレンスの配合で潜在能力は非常に高い。適性距離ではないがスピード、パワーで勝負できる。

フレンチカクタス 
タイキシャトル産駒。タイキシャトルはウインクリューガー・メイショウボーラーのG1馬を産出している、マイラー色が強く桜花賞で狙いたくなる血統だ。

ドナウブルー  
ディープインパクト産駒。距離不足で能力を出し切れない可能性があり着までか。




フィリーズレビュー血統背景から
注目の血統穴馬をピックアップ!
★モアグレイス★

 
予想の参考になれば幸いです(^.^)/~~~
 

最後まで読んで頂きありがとうございます(*^_^*)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック