【オークスの有力馬(桜花賞回顧)】

  【オークスの有力馬】

フォーエバーマークが前半をマイル46.7秒ハイペースでを飛ばした。

先行馬たちは末を失い、4コーナーで後方にいたマルセリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンターが末脚を生かした。

マルセリーナはインコースから外に出して鋭い末脚を生かし、一旦はホエールキャプチャが先に出たが抜き返し良く伸びていた。父ディープインパクト譲りの瞬発力だった。安藤騎手に好騎乗が光ったレースだった。

一瞬マルセリーナの先に出たホエールキャプチャは、大外枠の不利もあって末脚の差が出た。

トレンドハンターは大外を鋭い伸びて3着。最速の34.2秒の上がりで実力があること証明した。

1番強い競馬をしたのはトレンドハンターだと思う。オークスでは最有力と見た!

4着のメデタシも4コーナーでは後方だった。今後の成長が楽しみな4着だった。


オークス最有力馬 ⇒ トレンドハンター

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック