【宝塚記念2011阪神内回りコース適正情報】

宝塚記念2011 阪神 2200m 芝・右・内回り

宝塚記念2011阪神内回りコース適正を徹底分析】

今週は宝塚記念2011を徹底的に分析して、

皆様に喜んで頂ける有益な情報

を素早く公開していきますのでよろしくお願い申し上げます。


宝塚記念2011は、スタートから
1コーナーまでの距離は525M。

スタート直後は下り坂のためペースが速くなりやすい。

1コーナー過ぎても、ラップは落ちない
厳しいレース展開になる。

3コーナーあたりが勝負所!

最後の直線が356Mと短いので、
各馬仕掛けるタイミングは早め。

追い込み馬が一気に追い上げてくるので、

先行馬には最終コーナーで息が入らず厳しい展開になる。

末脚の持続力とスタミナ・底力が要求される。

長くいい脚を使える馬に勝機がある!

過去10年逃馬、先行馬ともに連対率は約20%。

差し馬の連対率は約10%。

後方一気タイプの追い込み馬には厳しい展開になる。

スタートから1コーナーまでの距離が525Mあるので、
枠順の影響は少ないとみていいだろう。



宝塚記念2011阪神内回りコースは
末脚の持続力とスタミナ・底力が要求される。

中山コースで実績がある。(小回りコース適正) 

東京コースで実績がある。(長くいい脚を使える能力) 

2つの条件を兼ね備えている馬はズバリこの馬だ!



宝塚記念2011
コース適正能力が高い馬は!

★トーセンジョーダン★ ☜ヽ(^。^)ノ
コース適正馬です(^^)v



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ


【3連単6点勝負のトップページへ】



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック