【関屋記念2011有力本命馬】

★☆★関屋記念2011新潟 1600M 芝・左 外★☆★

関屋記念2011有力本命馬データ分析】

今週は関屋記念2011を徹底的に分析して、

皆様に喜んで頂ける有益な情報

を素早く公開していきますのでよろしくお願い申し上げます。

関屋記念過去5年3連単配当〗

2010年3連単配当13万0640円  
2009年3連単配当 5万9290円
2008年3連単配当 1万4170円 
2007年3連単配当 8万4170円
2006年3連単配当49万1010円


過去5年で3連単10万円オーバーが2回で
大波乱率40%!
中波乱レース!

【関屋記念2011有力本命馬情報】

【セイクリッドバレー】
新潟大賞典制覇。昨年関屋記念2着。新潟コースでは7戦して、すべて4着以内は左回り平坦コース適正の高さを示している。追い込み馬なので、展開の影響を受けやすい。

【エアラフォン】
3連勝している上昇馬。自在性高く、好位で競馬ができ33秒台の末脚を使えるので成績が安定している。有力な1頭だ!注目のデュランダル産駒!

【ヒカルアマランサス】
昨年は京都牝馬S優勝、ヴィクトリアマイル2着の実績がある。脚質が直線後方一気で切れる末脚を使えるので新潟外回りコースで能力を発揮できる。前走は馬体重マイナス22キロで凡走、今回470キロまで戻れば狙いたい馬だ!

【レインボーペガサス】
皐月賞4着、日本ダービー5着とやや早熟系。今回は5ヶ月半年の休み明けだが、走れる状態に上昇している。長く良い脚が使えるので前でも残る可能正がある。

【ガンダーラ】
1000万下、錦ステークスは余力を残しての連勝は潜在能力の高さを示している。米子S8着は、馬に太目感があっが、1度叩かれ絞れているはずだ。



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック