【札幌記念2011血統穴馬分析】

★☆★札幌記念2011札幌 2000M 芝・右★☆★

札幌記念2011血統穴馬分析】

【札幌記念2011血統穴馬情報】

【キングトップガン】
マヤノトップガン産駒。父ヘイルトゥリーズン系。母父ノーザンダンサー系。ブライアンズタイム系は好調を持続する傾向にある。母父マルゼンスキーは成長力があり高齢でも不安はないだろう。クロスなし。

【カリバーン】
デュランダル産駒。父ヘイルトゥリーズン系。デュランダルは短距離馬だったが、産駒は適応距離に幅があり、能力が高い馬が多い。注目の新種牡馬だ!ノーザンダンサークロス9.38% 4x5。

【ヤングアットハート】
フレンチデピュティ産駒。産駒は洋芝で活躍馬を多く輩出している。 父ノーザンダンサー系。母父サンデーサイレンス系。中距離で力得意とする血統。クロスなし。

【アクシオン】
サンデーサイレンス産駒。父ヘイルトゥリーズン系。母父ノーザンダンサー系。昨年札幌記念3着。 母父ディキシーランドバンドは大種牡馬ノーザンダンサーの血を強く受け継ぎ力強く走る産駒多く出している。ノーザンダンサークロス6.25% 5x5。

【ネオヴァンドーム】
ネオユニヴァース産駒。 父ヘイルトゥリーズン系。父ネオユニヴァース産駒は洋芝適性高く、重い芝・小回りコースで潜在能力は発揮する。母の父トニービンも産駒も洋芝重賞で活躍が多い。クロスなし。



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック