【菊花賞2011有力本命馬】

菊花賞2011 京都3000M芝・右外】

菊花賞2011有力本命馬データ分析】

今週は菊花賞2011を徹底的に分析して、

皆様に喜んで頂ける有益な情報

を素早く公開していきますのでよろしくお願い申し上げます。

菊花賞過去5年3連単配当〗

2010年3連単配当33万8840円  
2009年3連単配当31万6950円
2008年3連単配当52万3990円 
2007年3連単配当 2万7890円
2006年3連単配当14万4520円


過去5年で3連単30万円オーバーが3回
大波乱率60%!
成長力ある穴馬を探り当て、万馬券を狙いたい!

【菊花賞2011有力本命馬情報】

【フェイトフルウォー】
菊花賞トライアル・セントライト記念勝利。スタミナ、パワーを要求される中山コースで勝っている馬は菊花賞で好走することがる。フェイトフルウォーは、厳しい流れの京成杯を制しているのが良い。

【トーセンラー】
菊花賞トライアル・セントライト記念2着。京都・外回りコースを得意としている。折り合い面に心配がないので、菊花賞3000Mはこなせそうだ。

【オルフェーヴル】
菊花賞トライアル・神戸新聞杯を好位から、32秒8の桁違いの豪脚で差して優勝した。阪神コースで32秒8の末脚は驚異にタイム。しかも休み明け、16キロの馬体増、反動が懸念される。恐らくこの馬の80%のパフォーマンスで勝てていただろう。菊花賞で勝つ為に叩きレースにするべきだった。

【ウインバリアシオン】
日本ダービー、菊花賞トライアル・神戸新聞杯2着。実力的のこの馬がNO.2だ。しかし、菊花賞3000Mの距離は明らかに長い。ウインバリアシオンは中距離がベスト。

【フレールジャック】
神戸新聞杯3着はかかり気味だった。菊花賞は折り合いが重要な要素。かかる心配がある馬は狙いにくい。体型では胴が短いので距離が不向き。

【サダムパテック】
菊花賞トライアル・セントライト記念、出遅れての3着は潜在能力が高いことを示している。しかしフジキセキ産駒、原理原則菊花賞では厳しいだろう。



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック