【菊花賞2011調教裏情報】

【菊花賞2011京都3000M芝右外】 

調教が重要な原因になる!
(原因結果の法則)

【菊花賞2011調教裏情報】 

【1:トーセンラー】  
【元気一杯】
セントライト記念は2着。馬体好調で先行力を活かせる好枠順をひいた。セントライト記念では馬体が減っていたので、当日馬体増なら狙いだ!

【5:フェイトフルウォー】  
【快調上向】
セントライト記念は余力を残しての勝利。たくましく成長しており、1番勢いを感じる馬だ!逆転の可能性は十分にある。

【11:サダムパテック】  
【良化気配】
セントライト記念3着。皐月賞1番人気、ダービー2番人気で人気過剰の感がある。超スローペースになれば着まではあるかもしれないが、距離がもたない可能性が大きい。

【13:ウインバリアシオン】  
【更に良化】
神戸新聞杯は馬体重18キロ増で余力を余しての2着は、菊花賞に照準を合わせていることを示している。ピークの状態で菊花賞に出走してくれば逆転もある。注目される。

【14:オルフェーヴル】  
【好調維持】 
神戸新聞杯は圧勝で格の違いを見せた。京都外回りでの勝ちがない事と神戸新聞杯で32秒8の末脚を使った反動の2点がマイナス要因。

【17:フレールジャック】  
【馬体好調】
神戸新聞杯3着。鋭い脚を持っているので注目していたが、外枠を引いたことで大きく割引が必要だろう。馬体は好調なので外枠が残念だ。


3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック