【天皇賞 秋 2011血統適性分析】


天皇賞 秋 2011東京2000M 芝・左】


天皇賞 秋2011血統適性分析】

【サンデーサイレンス系】 
勝率4.5% 連帯率13.6% 複勝率19.7%

【その他のヘイルトゥリーズン系】 
勝率16.7% 連帯率22.2% 複勝率27.8%

【ノーザンダンサー系】 
勝率4.5% 連帯率9.1% 複勝率11.4%

【ミスタープロスペクター系】 
勝率8.3% 連帯率8.3% 複勝率16.7%

【ナスルーラ系】 
勝率4.8% 連帯率4.8% 複勝率19.0%


天皇賞 秋はヘイルトゥリーズン系が圧倒的に強いレース。

サンデーサイレンス系が数で圧倒し、続いてヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系、ナスルーラ系が活躍している。


狙いは父が
①ヘイルトゥリーズン系、
②ノーザンダンサー系、
③ミスタープロスペクター系
④ナスルーラ系、
母父が
①ノーザンダンサー系、
②ナスルーラ系の血統。

【天皇賞 秋2011血統適性馬分析】

【アクシオン】
サンデーサイレンス産駒。ヘイルトゥリーズン系。ノーザンダンサークロス 6.25% 5x5。昨年天皇賞秋では、4角18位最後方からメンバー中3位の上がり34秒4で9位まで追い上げた。サンデーサイレンス直子が圧倒的に強かった天皇賞秋実績を重視すればアクシオンは上位に評価出来る。

【ブエナビスタ】
スペシャルウィーク産駒。ヘイルトゥリーズン系。ヘイルトゥリーズンクロス 9.38% 4x5。ニジンスキークロス 18.75% 4x3。ヘイルトゥリーズンから鋭い瞬発力、ニジンスキーから豊富なスタミナを受け継いでいる。天皇賞秋の速いラップ厳しい展開でのスタミナ・スピードを要求されるレースで、持てる潜在能力を発揮出来る。

【ローズキングダム】
キングカメハメハ産駒。ミスタープロスペクター系。母父サンデーサイレンス。ノーザンダンサークロス 9.38% 5x5x5。キングマンボから、スピードの持続力を、サンデーサイレンスから切れ味を受け継いでいる。昨年ジャパンカップでは、ラスト直線で横を見ながらはしる余裕をみせ、不利を受けての勝利は、東京コースが高い事を示している。

【アーネストリー】
グラスワンダー産駒。ヘイルトゥリーズン系。ノーザンダンサークロス 12.5% 4x4。父からスタミナとパワー、母系トニービーンから、スピードの持続力の血が強く流れている。天皇賞秋での、地力勝負なら負けない。

【ペルーサ】
ゼンノロブロイ産駒。ヘイルトゥリーズン系。母ナスルーラ系。クロスなし。父ゼンノロブロイは天皇賞秋を勝利している。昨年の天皇賞秋2着はコース適正が高いことを示している。父ゼンノロブロイの血が濃く流れているので期待は大きい。人気が落ちそうな今回は馬券妙味が高い。




3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック