【ジャパンカップダート2011コース適正解析】


ジャパンカップダート2011阪神1800M ダート・右】

【ジャパンカップダート2011コース適正解析】

【エスポワールシチー】
一昨年のジャパンカップダート優勝しているので、コース適正は問題ない。枠順にもよるが、トランセンドとの激しい先行争いでハイペースになった場合は割引が必要になりそうだ。

【トランセンド】
昨年のジャパンカップダートを制しているので、コース適正に懸念はない。逃げてペースをつくれる強みがある。

【ダノンカモン】
阪神ダートを2勝しているが、1800Mでの勝ち鞍がないことは、マイナス要因になる。

【ワンダーアキュート】
阪神ダートを5勝している。阪神ダートコースのジャパンカップダートで1発の可能性を十分に秘めている。先行して鋭い一瞬の切れ味は、阪神小回りコースに適している。

【バーディバーディ】
昨年のジャパンカップダートは、優勝馬と0.2秒差の4着は、G1の激しいレース展開が合っていることを示している。



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック