【フェアリーステークス 2012 調教裏情報】

【フェアリーステークス 2012 中山1600M 芝・右 外】 

【フェアリーステークス2012調教裏情報】 

【パストフォリア】  
【成長力大】
朝日杯FSを制したアルフレードと同じ、シンボリクリスエス産駒。東京コース3戦で中山コースの実績はないが、血統的には懸念はなさそうだ。

【オメガハートランド】  
【好調維持】
過去3戦は最速の上がりを叩きだしている資質が高い馬。右回りコース未経験が懸念される。

【チェリーメドゥーサ】  
【更に上昇】
ひいらぎ賞を牡馬相手に勝利したことで実力があることを示した。勝負根性はかなりのものだ。中山コース適正も十分ある。

【トーセンベニザクラ】  
【やや下降】
赤松賞でみせた、33秒2の瞬発力は東京コース向きか。中山コースでも1勝、2着1回と好成績だが差し馬なので展開の不利を受けやすい。

【シャンボールフィズ】  
【元気一杯】
白菊賞は外を回り距離ロスが響いた。勝ち馬との実力差はないとみていいだろう。ルメール騎手騎乗は大きなプラス材料。

【ラシンティランテ】  
【馬体順調】
阪神JFはかかってしまい、末をなくした。折り合いに専念できれば実力は上位。



3連単6点勝負!をお気に入り登録お願いします(^.^) 


人気ブログランキングへ

【3連単6点勝負のトップページへ】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック