【中山記念 2012 有力本命馬データ分析】


中山記念2012 中山1800M 芝・右】

中山記念2012有力本命馬データ分析】

中山記念過去5年3連単配当〗

2011年3連単配当   4210円  
2010年3連単配当53万4940円
2009年3連単配当 1万3200円 
2008年3連単配当 2万6150円
2007年3連単配当 5万5110円


【中山記念 2012 有力本命馬情報】

【エイシンアポロン】
マイルチャンピオンシップを好位から抜け出し優勝。先行力と決め手があるので有力だが、58キロの斤量はやや懸念される。

【トゥザグローリー】
日経新春杯を中団から最速上がり34秒3で差して勝利。実力は上位だが、距離短縮の1800Mに出走する意図に懸念が残る。

【フェデラリスト】
中山金杯を4コーナーを4着まで追いこんで直線34秒1の上がりで差し切り優勝した潜在能力は高い。中山記念は内枠が断然有利、内枠を引くことが出来れば有力になる。中山コース2勝も好材料。

【リアルインパクト】
昨年の安田記念優勝馬。長くいい脚を使えるが決め手に欠けるので先行馬有利の中山コースは合うだろう。馬体重の増減が大きい馬なので当日の馬体重には注意が必要になる。

【ダイワファルコン】
中山金杯は優勝馬と同タイムの2着。中山コース優勝5回、2着2回の中山巧者。中山記念はコース適正、距離適性が高い馬が好成績を残している。



【中山記念最有力本命馬】⇒ 結果優勝:3番人気【フェデラリスト】 


【3連単6点勝負のトップページへ】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック