予想【阪急杯 2012 有力穴馬5頭データ分析】


阪急杯2012 阪神1400M 芝・右】

阪急杯2012有力穴馬データ分析】

【阪急杯 2012 有力穴馬情報】

【エーシンリジル】
スプリンターズSは10着でG1で通用する実力はないが、G3では実力馬と互角に走る能力は十分にあるが、200Mの距離延長はやや懸念される。

【トウカイミステリー】
スプリンターズSで9着に敗れたが、メンバー中最速上がり33秒7の末脚は強烈だった。約5か月の休み明けになるが、休み明けを苦にしないタイプなので心配ない。差し馬で展開が嵌まれば1発あることも想定したがいい。

【キョウワマグナム】
550キロを超える大型馬で冬場のレースは厳しい面があるが、当日530キロ台まで絞り込みが出来ていたら注意が必要。

【マジンプロスパー】
昨年は4勝して実力がついてきた。シルクロードSは休養明けで太かった。叩き良化型で叩き2走目は好走する傾向にある。人気薄になれば3連複の軸で狙いたくなる馬だ。

【マルカフェニックス】
重賞2勝馬だが1年4か月のブランクは大きい。普通に考えれば馬券の対象外。後は調教次第になる。



【3連単6点勝負のトップページへ】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック