【弥生賞 予想 2012 穴馬データ分析】


弥生賞2012 中山2000M 芝・右】

弥生賞有力穴馬データ分析】

【弥生賞2012有力穴馬情報】

【アーデント】
ディープインパクト産駒。京成杯4着は約3ヶ月の休み明けで若干太かったが、叩かれて上昇気配。先行して粘り強い末脚が使える。スタートを順調に出来れば着は十分狙える実力がある。

【コスモオオゾラ】
ロージズインメイ産駒。共同通信杯5着。葉牡丹賞(弥生賞と同コース中山2千M)を勝利しておりコース適性は証明済。先行しての決め手がある。

【ソルレヴァンテ】
キングカメハメハ産駒。中山コースを1勝2着1回と経験したことは大きい。後藤騎手は騎乗を願い出る程この馬の実力を認めている。今後の活躍が注目される。

【ジョングルール】
ディープインパクト産駒。前走は中団から33秒5末脚で3馬身差の圧勝で器の大きさを示した。中山2千も経験しているが、直線が長いコースが合っている。

【フェノーメノ】
ステイゴールド産駒。前走は2馬身差で勝利。心肺機能が高く先行しての決め手がある。中山コースの経験が弥生賞で活かされるだろう。



【3連単6点勝負のトップページへ】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック