【中山牝馬ステークス 予想 2012 穴馬データ分析】


中山牝馬ステークス2012中山1800M 芝・右】

中山牝馬ステークス2012有力穴馬データ分析】

【中山牝馬ステークス2012有力穴馬情報】


【コスモネモシン】
小回り1800Mを最も得意としている。京都牝馬Sは12キロ馬体増加で7着、叩かれた上積みが期待できそうだ。折り合いに専念して脚をためることが出来れば1発激走の可能性もあるだろう。

【マイネイサベル】
福島記念は4角12番手から3着に差した末脚は強力だった。十分な決め手があるが中山コースではある程度前を行かないと厳しいところがある。

【ブロードストリート】
愛知杯2着、小倉大賞典5着。好調、不調がはっきりしているタイプなので直前の馬体を注意深く観察することが必要。ムラがある分穴馬要素が高い。

【アカンサス】 
初富士ステークスは中団から牡馬を抑えて勝利は評価したい。中山コースは2勝2着2回で適正は十分だ。決め手があるので心配ない。

【ダンスファンタジア】
母ダンスインザムードの良血馬。中山の重賞フェアリーSを勝っているのでコース適正はあるが距離が長いことが懸念される。マイル以下の距離があっているようだ。




【3連単6点勝負のトップページへ】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック