【阪神大賞典 2012 穴馬データ】


阪神大賞典2012阪神3000M 芝・右】

阪神大賞典2012穴馬データ分析】

【阪神大賞典2012穴馬情報】

【ケイアイドウソジン】
ダイヤモンドSを15番人気で優勝、逃げて単勝190倍の大穴をあけた。展開に恵まれた要素は確かにあるがマラソンレースの資質は高いことは確かだ。注目される存在。

【ゴールデンハインド】
万葉Sを逃げ切り勝利。近走は、急坂で止まる傾向がある。阪神コースの坂の対応力が懸念される。大型馬なので当日の馬体重に注意。

【トウカイトリック】
ダイヤモンドSは最後方16番手からメンバー中2位の上がりタイムで7着まで追い込んだ。復調の兆しあり。高齢で人気薄、着穴狙いで馬券妙味がある。

【ナムラクレセント】
昨年の阪神大賞典勝馬。前走日経新春杯は14キロの馬体重増を叩かれているので絞れていれば狙える。昨年の勝ち馬は侮れない。

【スマートロビン】
ダイヤモンドSは先行策で2着、馬体が締まっていた。上昇気配。決め手に欠けるところがあるが粘り強い先行力がこれを補っている。




【3連単6点勝負のトップページへ】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック