<中山金杯コース特性>

<中山金杯コース特性>中山・芝2000m(内回り)

4コーナー過ぎからのスタートで1コーナーまでの距離が400m程度だが、200m過ぎから5mの急坂がありペースは自然と落ちつく傾向がある。4つのコーナーがある小回りコースで内枠の先行力のある馬が断然有利になる。かなりのハイペースになった場合のみ差しが決まりやすくなるが直線が310m4大競馬場の中ではもっとも短くペースは落ちついても一瞬の切れる末脚は有効になる。ゴール前では中山名物の急坂がある。残り180mから~残り70m付近にある急坂は高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と日本一のキツさを誇る。この急坂で馬の脚色が鈍ることも多く見られる。この急坂を駆け上がるスタミナとパワーが要求される中距離コース。基本は内枠有利は変わらない


中山金杯/京都金杯3連単6点勝負!


この記事へのコメント