2018年06月11日

函館スプリントステークスコース特性(函館芝1200m右)

函館スプリントステークスコース特性
(函館芝1200m右)

向正面ポケットからのスタートで、3コーナーまでの直線距離は489m。スタートから3コーナーまでだらだらとした上り勾配が続く。上り勾配で先行争いになるためパワータイプが好走しやすい。4コーナーから直線に向けてなだらかに下る。4コーナーからゴールまでの距離は262.1mでJRA全10場のなかでもっとも直線の長さが短いコース設定になっている。時計の掛かる重い洋芝でイメージ以上にタフなコース設定になっている。中央の軽い芝でなかなか勝てなくても洋芝のタフな馬場を得意にしているパワータイプの洋芝巧者が激走して穴をあけることがある。

posted by hishimirakuru at 12:13| Comment(0) | コース適正分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
現在の閲覧者数: