<秋華賞情報まとめ>

秋華賞コース特性(京都芝2000m右内回り)
内回りコースの1周距離1782m、直線の長さ内回り328m。外回りよりコンパクトな内回りでは、逃げ、先行脚質が有利になり、内回りのタイトなカーブを苦にせず器用に立ち回れる機動力が求められます。4コーナー先頭に立った馬は勝率28.7%、複勝率50.7%と圧倒的な実績を残しています。人気薄の激走もこのパターンから波乱になっています。スタンド前の直線半ばからスタートして、1コーナーまでの距離が309mと短く激しい先行争いがになることが予想されます。秋華賞は中盤も淀みなく流れ、4コーナー出口までに好位につけようと各馬早めの仕掛けから後半は、さらにペースが上がっていきます。ゴール前の直線が328mと短く、コーナーでゴチャつくため5番手以降の馬は馬群に揉まれやすくなります。3・4コーナからのロングスパートでタイトな小回りカーブを馬郡に揉まれず器用な脚で内ラチの経済コースを走れる高い能力が求められます。騎手の手腕が勝ち負けを大きく左右する乗り難しいコース形態をしています。4コーナー出口で馬郡に包まれない位置取りが重要になりますので、スピードの持続力と、コーナーでの機動力、短い直線での一瞬の脚がある馬の好走度が高くなります。

<秋華賞情報>

【1ダノンファンタジー】
昨年の阪神JFを3連勝で制覇。クラシックは外国人騎手が勝ち、桜花賞4着、オークス5着と、まさかの連敗を喫しましたが、前走のローズSでレコード勝ちして潜在能力の高さを示しました。重賞4勝の実績は他馬より1枚抜き出ています。典型的なマイラーの体型をしていますが、ローズSでは馬群の中で我慢がきいて直線での一瞬の切れで瞬時に抜け出しました。ローズSのような走りが出来れば2000mまでなら大丈夫でしょう。

【5クロノジェネシス】
ヴィクトリアマイルを制覇したノームコアの半妹。インディスユニゾンの牝系は機動力を伝えるので内回りへの適性が高い傾向があります。阪神JF2着、桜花賞とオークスでいずれも3着と、G1制覇まであと一歩と惜しい競馬が続いてます。6戦3勝・2着1回・3着2回と1600mから2400mすべてで複勝圏内を確保していることから、総合の高さはメンバー中でも上位に挙げられる実力馬です。巻き返してのG1制覇があっても驚けません。

【7ビーチサンバ】
全兄フサイチリシャールは朝日杯FSを制覇したG1馬のマイラーでした。ビーチサンバもに兄に似ている体形からベストはマイルになると思われます。前走ローズSの1800mまでが結果を残せる距離のようです。超ハイペースになれば、32秒台の瞬発力を使えるので、短い直線でも差し切れる可能性があります。

【8カレンブーケドール】
オークスを12番人気で2着して波乱を演出しました。紫苑S(中山芝2000m内回り)は2番手で先行しましたが、コーナーワークは少し窮屈そうに走ってました。東京コースのような広いコースで実力を発揮するタイプです。乗り方が難しい京都内回りは体形的に合わず、若干の割引は仕方ないと思われます。今後は東京コースG1の激走を密かに期待しています。今年のオークスは5年ぶりにレース上がりが35秒0以上掛かかりましたが、そのレース好位で立ち回ってクビ差の2着に持ち込んだ実力は相当に高いと思います。前走紫苑Sは小回りコースに対できて、休み明けながら勝ち馬から半馬身差の3着、1度使われた上積みが見込めます。オークス覇者ラヴズオンリーユーはエリザベス女王杯へ向かうため、津村明秀騎手念願のG1制覇に大きな期待です。

【13サトノダムゼル】
条件戦で斤量52キロだったとはいえ古馬混合戦を2番手先行で押し切る、正攻法の強い競馬での勝利は決して軽視できません。最近勢いのないミルコデムーロ騎手です、が今年G1を2勝。ここ1番のG1大勝負で無類の勝負根性でサトノダムゼルをクラシックホースで導くことができるか注目されます。

【14シゲルピンクダイヤ】
桜花賞では4角12番手からメンバー中最速上がりの32秒7の猛烈な末脚追い込み2着。オークスでは見せ場なしの12着。父ダイワメジャーの影響が強く出て、マイルでこそ強さを発揮できるタイプです。また差し馬なので京都内回りの短い直線は不向きの可能性が高いと思います。

【15コントラチェック】
前哨戦を使わずにオークス9着からのぶっつけ本番でのG1秋華賞挑戦になります。気性的にも前向きで仕上がりの早い方なのでリフレッシュの方が大きいと思われます。コーナーが4回ある小回り芝1800mで3戦2勝・3着1回の実績は、機動力に優れコーナーで加速力を存分に発揮できることからきているようです。阪神JF、桜花賞、オークスは広くて直線が長いコースで実施されますが、秋華賞は小回りになり、これまでとは異なる適性が求められます。小回りの秋華賞で大きく変わってくることが推測されます。

【16パッシングスルー】
2連勝で紫苑Sを制し、秋華賞へ駒を進めてきました。また小回り芝2000mを2連勝しているように、先行力をいかして器用に走れる機動力は京都内回りコースへの適性が高いと思われます。当初はエリザベス女王杯へ向かい、戸崎圭太騎手はウィクトーリアと秋華賞参戦予定でしたが引退し繁殖入りすることになり、急遽戸崎圭太騎手と秋華賞への参戦が決まりました。間隔をあけて使う方が良いタイプなので、レース間隔が予定よりも短くなり体調面が万全の状態まで仕上がるかどうかが心配されます。

【17エスポワール】
3歳以上1勝クラス、シンガポールTC賞を連勝、ともに時計の掛かる馬場でした。オルフェーヴル産駒らしく時計の掛かる馬場で無類の強さを発揮するタイプになってきくと思われます。週末台風の影響で雨の確率が高くなっています。そうなれは本領発揮です。このメンバーなら重馬場への適性は1枚抜けている感があります。

<秋華賞コース適性>
【1ダノンファンタジー】
オークスで5着に敗退、2400mの距離へ対応できかったことが敗因と思われます。しかし前走のローズSは余力をたっぷり残して快勝、2000mへの距離克服に目途がたちました。コーナーが4回ある内回りは今回が初めてになります。内回り克服は川田騎手の手腕の見せ所です。ダノンファンタジーの潜在を川田騎手がどこまで引き出すことができるか注目されます。

【5クロノジェネシス】
コーナーが4回ある内回りコースへの適性については、新馬戦の小倉芝1800m稍重を強い競馬で勝っていますので、全く問題ないでしょう。桜花賞とオークスで3着は実力が本物であることを十分に示しています。先行、中団待機、後方待機どこからでも直線で速い瞬発力を使える自在性が高く、京都芝2000m内回りへ対応できる順応性は高いことが推測されます。

【8カレンブーケドール】
オークスは差し馬有利なハイペースを4番手先行でクビ差の2着に粘り、3着馬には2馬身半差をつけていました。ラヴズオンリーユー不在ならカレンブーケドールが主役候補になります。距離適性に関しては全く問題なく、前走の紫苑S(中山芝2000m)を2番手を先行して、勝ち馬から0秒1差の3着に粘り込んで、内回りへの適性に懸念がないことを示しました。

【16パッシングスルー】
3歳以上1勝クラス(福島芝2000m稍重)、紫苑S(中山芝2000m)をともに3番手先行から抜け出す正攻法の強い競馬で2連勝しました。コーナーでの加速力と機動力に優れていますので、コーナーが4回ある小回りコースで高いポテンシャルを発揮できます。時計の掛かる馬場への対応力も高く、3連勝で秋華賞を勝てるコース適性があると思われます。

【17エスポワール】
時計のかかる馬場で2連勝、コーナーが4回ある2000mは1勝・2着1回の実績から、週末の雨予報を考慮すれば京都2000m内回りでも強い競馬ができる可能性が大きいのではないかと思われます。鞍上はA.シュタルケ騎手の手綱捌きなら、新たな潜在能力を引き出してくれそうな予感がします。

<秋華賞血統>
【1ダノンファンタジー】
ディープインパクト産駒。母の父Not For Sale。
母ライフフォーセールはアルゼンチンG1を2勝、全成績10戦8勝の実績を残した名牝馬です。母の父Not For Saleは短距離G1馬。ディープインパクトとアルゼンチンの繫殖牝馬との相性が良く、サトノダイヤモンドやマカヒキをだしています。体形は母の父Not For Saleに似て胴が短く回転の速いフットワークで走るので京都内回りへの適性は高いことが推測されます。

【5クロノジェネシス】
ヴィクトリアマイル覇者ノームコアの半妹。2代母インディスユニゾンは名牝フサイチエアデール(重賞4勝)の全妹です。母クロノロジストの仔は繁殖牝馬として優秀で、8頭中7頭が勝ち上がっている優秀な牝系です。父バゴは凱旋門賞馬で、菊花賞馬のビッグウィークを輩出しています。スピード能力に優れた血統で1600~2000mがベストで、オークス3着から一転しての激走の可能性を大きく秘めている血統配合になっています。

【8カレンブーケドール】
ディープインパクト産駒。母の父Scat Daddy。
母ソラリアはチリのG1エルダービー・アルトゥロLペニャ賞・チリ1000ギニーを3勝した南米屈指の女傑。2歳牝馬、3歳牝馬チャンピオンで、早い時期から活躍できる傾向を繫殖牝馬として伝えています。オークスは積極策で直線先頭に立ち、勝ったラブズオンリーユーからクビ差の2着。2分22秒8とオークスレコードを更新するレベルの高いレースでした。ディープインパクト産駒は秋華賞を過去4勝・2着3回と抜群の血統的適性があります。先行力に優れたディープインパクトは特に秋華賞での相性がいいようです。

【15コントラチェック】
ディープインパクト産駒。母の父Halling。
京王杯スプリングCをレコード勝ちしたムーンクエイクの半妹、重賞を3勝したバウンスシャッセの半妹にあたる良血。バウンスシャッセはコーナーが4回ある小回りで4勝を挙げています。コントラチェック自身も前々走のフラワーCを優秀な時計で優勝、スピード感溢れる血統であることを時計で示しました。母系にフェアリーキングの血を引くディープ産駒にハープスター(阪神JF、桜花賞)、ジュールポレール(ヴィクトリアマイル)勝ち馬を輩出している。この組み合わせはマイルで活躍する傾向があります。血統的に勝ち負けは1800mまでになりそうです。

【17エスポワール】
オルフェーヴル産駒。母の父シンボリクリスエス。
バレークイーンの牝系から、ダービー馬フサイチコンコルド、皐月賞馬アンライバルドなど多く活躍馬を輩出されています。オルフェーヴル×シンボリクリスエスが配合され、オルフェーヴルからパワー、シンボリクリスエスからスピード持続力を受け継いで底力が高められています。パワーと持続力ならメンバーが一気に強くなっても間違いなくトップクラスです。

【秋華賞】
3連単6点予想『先行配信』のご説明です。
大好評です。お気軽にご利用ください。
予想をお支払いの前に先行して配信するシステムです。
情報料金のお支払いは翌週の金曜日までにお願いしています。
先行配信のご説明です。
↓ここからどうぞ
https://goo.gl/uA7UY1

秋華賞3.jpg

この記事へのコメント