菊花賞2019コース特性


菊花賞コース特性(京都芝3000m外回りコース)

牡馬クラシックの最終戦。菊花賞は長距離戦なので走破時計にバラつきがあり、展開に左右されるレースで、良馬場で開催されれば、高速決着となる可能性を含んでいます。
外回りコースを1周半するコース形態です。スタート地点は、3コーナー手前の登り坂。スタートしてすぐに右へ曲がるカーブがある。3~4コーナーは下り坂。ホームストレッチから1~2コーナーまでは平坦。各ゥ馬が仕掛けるのは2周目の3コーナー過ぎの坂の頂上付近からです。ゴールまでの800mを下り坂で一気にスピードアップして目一杯の追い比べとなります。長距離戦で脚を溜めておきたいことから平均的なラップとなり、上がりも速くなりやすい傾向があります。菊花賞は長距離線でスローペースになるイメージがありますが、ロスなく前目の内を位置取りたいので前半1200mあたりまでは平均ラップを刻みます。3コーナー手前までの1000mはペースが緩み、一息入ります。仕掛けどころの残り800mからスタミナ比べのロングスパートで気にペースアップします。馬場状態が良好ならゴール前に急坂がないこととから長距離戦でも上がりの時計が速くなりやすい傾向にあります。勝ち負けできる重要なポイントは4コーナーで好位につけることです。ラスト1Fの上がりも極端にかからず11秒台や12秒台前半というケースがほとんどのため、瞬発力のある馬でも脚を溜めすぎると脚を余して届かないことがあります。そのためにも直線入り口では2・3番手まで追い上げておく必要があります。脚質的には逃げ切るのと追い込みは難しく、圧倒的に先行脚質の馬が結果の残しています。枠順別成績は1枠と2枠が勝率・連対率共にトップの成績になっています。

3連単6点勝負のメルマガは
無料と有料があります。
無料メルマガは完全無料
料金は一切不要です。
ご安心頂ければ幸いです。

無料ではじめる
3連単6点勝負無料メルマガ
重賞情報と重賞予想を無料でお届けします。
https://goo.gl/NWnxsF

3連単6点メルマガ
3連単6点予想を有料でお届けします。
https://goo.gl/uA7UY1

2019年5月5日新潟8R71160円3連単.jpg

この記事へのコメント