チャンピオンズカップのまとめ

チャンピオンズカップのコース特性(中京ダ1800m左)
ダート1800mのスタート地点はホームストレッチの上り坂の途中がスタート地点となる。1~2コーナーはほぼ平坦。向正面直線には緩い上り坂。残り980m地点から緩やかな下り坂が始まり3~4コーナー部分はすべて下り坂で、スピードに乗ったまま直線へ向かう。ゴール手前380m地点より220m地点にかけて160mの勾配は1.14%、高低差1.8mの急坂が待ち受ける。坂を上りきった後の220mは、ほぼ平坦。ゴール前の直線は410.7m。直線距離は十分長く、坂もあり、正に底力が問われる。実力馬が十分に力を発揮できるG1にふさわしい舞台設定になっている。平均から速めのペースになりやすく、好位からしっかりと追走して直線できっちりと抜け出す正攻法の脚が求められる。アップダウンが激しいため、スタミナとパワーの両方を持つ先行馬が圧倒的に有利になる。2000mぐらいの距離をこなせるスタミナがあると心強い。ペースが速くなるので瞬発力を生かす差し、追い込み馬の台頭もある。狙いは好位から抜け出せる正攻法の競馬がきるスタミナとパワーの両方を持つ馬だ。

チャンピオンズカップ情報

【1タイムフライヤー】
ダート路線へ転向後3戦目でG3武蔵野Sで2着、ダートへの適応力がついてきました。今回はO.マーフィー騎手が手綱を獲ることで潜在能力を最大限引き出して大きな変わり身をみせるかもしれません。伯父にダートのG1を5勝した名馬タイムパラドックスがおり、ダート適性はもともと高かったことが推測されます。芝G1・ダートG1の勝ち馬になれば種牡馬価値が一気に高まります。

【3チュウワウィザード】
これまでデビューから13戦すべて3着以内の成績で、9つの競馬場で走りにムラがなく常に実力を出せる潜在能力が非常に高い馬です。前走G1・JBCクラシックを制覇。チャンピオンズカップは、より長い距離での実績は道中緩みの少ないタフな展開になることから、2400mや2500mで勝ったスタミナが大きな武器になりそうです。

【4インティ】
デビュー2戦目から7連勝でフェブラリーSを制覇した実力馬です。前走のみやこSは4角で大きな不利を受け、直線は流して走ったことから疲労の心配はなく、良い叩きレースなりました。ダート1800mでは7戦5勝と高い距離適性があります。スムーズ逃げ・先行が出来た7連勝は直線で全7戦で3位以内の末脚を使っています。厳しい流れになっても気持ち良くズ逃げ・先行ができればJRAG1ダート2連勝も十分可能になると思われます。

【5クリソベリル】
デビューから5戦5勝。古馬との初対戦だった前走の日本テレビ盃も2着馬び4馬身差、3着馬には8馬身差をつけての圧勝でした。チャンピオンズカップはアップダウンが激しいコースで道中緩みの少ないタフな展開になることから、スタミナが高いレベルで要求されます。2000m以上のダート重賞で3着以内の実績のある馬が好走する確率は高く、本馬はG1ジャパンダートダービー(ダ2000m)での優勝があります。道中緩みの少ないタフな展開への対応力に懸念はなさそうです。全兄にG1ジャパンダートダービー優勝のクリソライト、半姉にG1・2勝のマリアライトがいる良血馬です。

【6オメガパフューム】
昨年の東京大賞典と今年の帝王賞覇者。ダートG1を2勝しているスタミナは、アップダウンが激しい中京ダ1800mへの距離短縮でそのスタミナが最大限いかされることが推測されます。昨年の5着時から実力は確実に高くなっていることはG1を2勝したことで十分に示されています。17戦中4戦でメンバー中最速上がりの末脚を使っていることからて直線が長いコースに変わるのは大きなプラスになります。

【8ウェスタールンド】
休み明けのみやこSで3着。11番手追走から早めに仕掛けて行っての3着は負けて強しの内容でした。昨年のチャンピョンズカップは最内をロスなく突き抜けてメンバー中最速上がり34秒4の並外れた末脚で2着した実力は間違いなくG1級です。蹄の弱さから、レース間隔を十分あけて使われています。後方差しの決まる展開になれば昨年以上の成績、優勝の可能性も十分あると思われます。

【9サトノティターン】
ブラジルカップは中団前目の7番手で追走、徐々に順位を上げ直線に入ってからの手応えは抜群で内の馬を交わして抜け出し優勝。チャンピョンズカップはアップダウンが激しく、スタミナとパワーが必須条件で全6勝中4勝を2100mで挙げているスタミナは、ここでいかされるでしょう。R.ムーア騎乗で乗り替わりのパフォーマンス低下の心配はありません。

【11ゴールドドリーム】
これまでG1を5勝しており、実績は最上位になります。17年にはフェブラリーSとチャンピオンズカップのJRAG1ダート2連勝しています。昨年はフェブラリーSとチャンピオンズカップを2着。現在G1を9戦連続3着以内です。現役屈指のダート馬で今年もG1かしわ記念を制しています。G1・6勝目なるか注目されます。

【12キングズガード】
みやこSは、10番人気の低評価を覆して2着に好走して実力を示しました。ゲートの出が遅く14番手の後方追走。4角でも11番手にいたが、直線、外を回ってメンバー中最速36秒3の上がりの脚を使い2着しました。ダ1800mでは4戦2着1回・3着2回で距離適性に懸念はありません。秋山真一郎騎手が前走に引き続き騎乗します。

【16ヴェンジェンス】
ダート短距離路線から太秦S(京都ダ1800m)2着、みやこS(京都ダ1800m)優勝して、1800mへ距離延長をあっさり克服しました。みやこSで後方13番手から36秒5の脚で直線差し切った末脚は強烈です。展開に注文はつくものの、G1特有のハイラップを刻む展開が予想されるチャンピョンズカップは展開がはまる可能性が大いにあると思われます。連勝でG1制覇なるか注目です。

チャンピオンズカップ馬のコース適性

【3チュウワウィザード】
13戦複勝率100%、抜群の安定感を誇ります。ダート1800mは7戦4勝・2着2回・3着1回、ダート2000m以上4勝内2勝は2400m・2500mで挙げているスタミナ豊富なタイプです。2000m以上で勝ち負けできるスタミナが求められるチャンピオンズCで持ち前のスタミナがいかされることが推測されます。

【4インティ】
中京ダート1800mは2戦2勝、ダート1800mは7戦5勝。中京ダート1800mはゴール前の直線距離は410m7と十分長く、坂もあります。底力が高いインティのコース適性はメンバー中トップクラスだと思われます。左回りが得意な馬の好走度が高く左回りは4戦3勝の実績は十分すぎます。

【5クリソベリル】
ダート1800mから2000mで5連勝中。好位追走から早めに抜け出してからの瞬発力が強力で正攻法の走りで5連勝した実力は本物です。5勝中4勝は脚抜きの良い馬場でした。中京のダートコース全体の高低差は3.4mで2度の坂超えがあるタフなコースへ適応できるかが鍵になりそうです。チャンピオンズCはクリソベリルのような好位から抜け出す競馬が、最も勝ちやすいというデータがあります。

【9サトノティターン】
左回りは7戦5勝・2着、ダート1800mは2戦2勝。ダート2100mで4勝。平均から速めのペースになりやすい。その流れをしっかりと追走できるスタミナの有無も重要で、ダート2100mで4勝しているスタミナがあれば鬼に金棒です。

【11ゴールドドリーム】
中京ダート1800mは2戦1勝で一昨年のチャンピオンズCの覇者。ダートG1・5勝している。チャンピオンズC、フェブラリーステークスを勝っているように、速いラップを刻むG1特有ハイペースになった時に、本領発揮してくる実力馬です。17年のチャンピオンズC優勝からG1で9戦連続で馬券に絡んでいます。

チャンピオンズカップ血統

【3チュウワウィザード】
キングカメハメハ産駒。母の父デュランダル。
昨年のチャンピョンズカップ勝ち馬ルヴァンスレーヴと同じオータムブリーズの牝系です。キングカメハメハ産駒は13年ベルシャザール、14年ホッコータルマエがチャンピョンズカップを勝っています。キングカメハメハ×デュランダルの組み合わせで胴が短めのため小回りで機動力を活かすコースの方が向いてます。

【4インティ】
ケイムホーム産駒。母の父ノーザンアフリート。
父ケイムホームはスピードとパワーを伝えている種牡馬です。母キティはダート1700m-1800mで4勝を挙げてます。母の祖父アフリートは6頭のダート重賞勝ち馬をだしてます。アフリートの血を引くのでフェブラリーSのようにスムーズに先行できればスピードで圧倒でききる資質があります。ハイペースは大歓迎。

【5クリソベリル】
ゴールドアリュール産駒。母の父エルコンドルパサー。
全兄にG1・2勝のクリソライト、半姉に宝塚記念記念覇者のマリアライト、母クリソプレーズの全弟にジャパンカップダートを制覇したアロンダイトいる良血牝系です。母クリソプレーズはサドラーズウェルズやリボーの底力高い血脈を受け継いでます。ゴールドアリュール産駒は一昨年ゴールドドリームがチャンピョンズカップを勝っています。

【6オメガパフューム】
スウェプトオーヴァーボード産駒。母の父ゴールドアリュール。
父スウェプトオーヴァーボードはG1馬のレッドファルクスを輩出。基本的短距馬を多くだしていますが、本馬は母の父ゴールドアリュールの影響が強く中距離までこなせるようになってます。母がゴールドアリュール×リアルシャダイでコパノリッキーと似た構成の配合になっています。

【11ゴールドドリーム】
ゴールドアリュール産駒。母の父フレンチデピュティ。
父ゴールドアリュールは4頭のダートG1馬をだしています。母モンヴェールはダート1800mで3勝、3代母Statisticの全兄ジェイドロバリーはG1馬を3頭だした名種牡馬です。4代母Numberの父がNijinskyでスタミナを伝えています。母系は総じて時計の速いダートへ向いた血統でG1の緩みのないレース展開への適性が高いです。

この記事へのコメント