【関屋記念2019】有力穴馬情報

<関屋記念2019 新潟芝1600m外回り> <関屋記念2019 有力穴馬情報> 【4オールフォーラヴ】錦S(1600万下)、米子S(L)を目下2連勝中の上がり馬。マイルへ路線変更して一気に資質が開花した。重賞なので時計が速くなることが推測され、折り合って、終いを生かす競馬ができればチャンス。ここ2走は先行・差しと全く違う競馬で勝っていることは大きな強みになる。 【11リライアブルエース】前走の福島テレビOPは、外枠から中団に控えて追走。勝負所で外を回り、直線でも外から前の馬に迫っていき交わして勝利。末脚が切れていたことは、本格化してきたことを示している。 【14ミエノサクシード】中京記念は外が伸びない馬場で、外枠から差して4着は、ロスがあったことを考慮すれば評価は落とせない。近2走は後方待機でレースを運んだが、阪神牝馬Sを3着した時ののように好位からでもレースができる自在な脚があり巻き返しが期待される。 【15ファストアプローチ】前々走多摩川S(3勝クラス)を逃げ切り勝利。近走は1走ごとに好走と凡走が交錯している。前走巴賞は15着、これが良い調教かわりになていれが一変2桁着順からの巻き返しがあっても驚けない。 【17ハーレムライン】前走の谷川岳Sは、中団追走から直線で切れ味鋭い末脚で抜け出し14番人気で大穴をあけて見事な勝利だった。適性が高い前走と同じ舞台なら重賞初制覇できるビッグチャンスだ。 (60位前後の3連単6点勝負紹介文に有力本命馬アップ中です)最強競馬ブログランキング…

続きを読む

【エルムステークス2019】有力穴馬情報

<エルムステークス2019 札幌ダ1700m右> <エルムステークス2019 有力穴馬情報> 【ドリームキラリ】エルムステークスは17年3着、17年2着。逃げ・先行馬に有利なコース形態で重賞初制覇を狙う。欅ステークスは勝ち馬アルクトスより2キロ重い斤量でハナ差の2着に粘った走りは高く評価できる。今回は前走から斤量が3キロ軽くなることは大きなプラス材料になる。 【タイムフライヤー】G1ホープフルSの覇者。2歳時に強引な乗り方をしたことで完全に馬がズブくなっている。潜在能力が高いだけに本当に悔やまれてならない。変わり身を期待してダートを使うのか、調教かかわりにダートを使うのか陣営も賭け(復活に大きな期待を込めて)に出できた感がある。 【テーオーエナジー】マーチS(10着)、アンタレスS(12着)と連敗、本来寒い時期に調子が上がるタイプ。涼しい北海道シリーズとはいえ夏場に力を発揮するのは厳しいかと思われる。 【レッドアトゥ】前走の東大路ステークスは後方で控えて追走。直線では外からメンバー最速上がりの脚で前の馬をごぼう抜き、2着馬に2馬身半差をつけて快勝。5勝目でオープン入り。夏は牝馬!1発に期待したい。 【リーゼントロック】アンタレスS(11着)、マリーンS(11着)と2桁着順が続いたが、3走前はマーチSで3着した実力馬。北海道シリーズの滞在競馬は得意でこれまで2勝を挙げている。好条件で好走する可能性は高い。着穴候補で狙ってみたい。 (60位前後の3連単6点勝負紹介文に有力穴馬アップ中…

続きを読む

【小倉記念2019】穴馬候補情報

<小倉記念2019 小倉・芝2000m> <小倉記念2019 有力穴馬情報> 【カデナ】福島民報杯(福島芝2000m)は14番手の後方か追い込み、巴賞(函館1800m)は4角15番手から直線一気でそれぞれ3着した。上がりのかかる競馬で強さを発揮する。先行有利な小回りで開幕2週目後方一辺倒では届かないので、ある程度自在性を身に着ける必要がある。 【レトロロック】今年で7歳になり近走は凡走が続いているが、小倉コースは7戦4勝・2着1回、連対率71%と高いコース適性がある。凡走して人気を落としたとこで小倉で巻き返してくる小倉巧者。激走注意。 【ストロングタイタン】近6走で鳴尾記念1着、中日新聞杯3着と好走はあるが残り4戦は2桁着順に大敗している。全6勝中5勝は厚い時期に挙げている。夏場に調子を上げるタイプで大敗からの変わり身が期待できる。小倉コースは6戦3勝、勝率50%とコース適性は高い。 【クリノヤマトノオー】昨年サンタクロースSを勝ってオープン入りする。その後の重賞は新潟大賞典(6着)、七夕賞(7着)とまで、本来の実力を出し切れていない。後方待機のレースの大敗率は高いが、スムーズに先行できた時の好走率は高い。スタートさえスムーズなら複勝圏内も十分にあると思われる。 【アウトライアーズ】前走の七夕賞は後方15番手から追い込んだが、時計の掛かる馬場ということもあり差のある5着だった。これといった強い逃げ・先行馬不在で、スローの瞬発力勝負になる可能性がが大きい。あとは追い出すタイミングをギ…

続きを読む