【京王杯2歳ステークス2019予想】有力馬情報

【10月26日京都10R15750円3連単6点的中】【10月26日スワンS8560円3連単6点的中】【10月26日東京7R1340円3連単6点的中】==========================<京王杯2歳ステークス2019予想 東京芝1400m左> <京王杯2歳ステークス2019予想 有力本命馬情報> 【2マイネルグリット】デビューから3連勝で小倉2歳Sを制覇した実力馬です。新馬戦で1600mのを勝利していることから1200mの2連勝からの距離短縮に懸念はなさそうです。本質は機動力あるマイラーで距離延長はプラスですが、瞬発力勝負になると若干割引が必要です。切れよりもスピードの持続力とパワーがあるので、時計の掛かる馬場になれば勝ち負けになると思われます。 【3グレイトホーン】前走の未勝利戦で12キロ馬体重が増加、身体的に大きく成長したいました。7番手追走から徐々に順位を上げて、直線で抜け出すと2着馬に2馬身差をつけて快勝しました。距離短縮したことで実力出せました。瞬発力は若干劣るので先行してスピード能力を発揮することで東京コースは克服可能だと思われます。 【4タイセイビジョン】新馬戦は2着馬に2馬身半、3着馬にはさらに5馬身差をつけての圧巻の勝利でした。函館2歳Sはスタートで遅れ、後方13番手からインコースを追走。直線で外持ち出されて34秒7のメンバー中最速上がりの脚使いましたが届かず2着に敗れました。出遅れと、内、外と走る位置が定まっていなかったことが敗因です。決め手を生かす競…

続きを読む

【ファンタジーステークス2019予想】有力馬情報

【10月26日京都10R15750円3連単6点的中】【10月26日スワンS8560円3連単6点的中】【10月26日東京7R1340円3連単6点的中】==========================<ファンタジーステークス2019予想 京都芝1400m右外> <ファンタジーステークス2019予想 有力本命馬情報> 【3シャレード】新馬戦(中京1400m)は折り合って5番手を追走、直線でも手応え十分で抜け出し、3馬身半差をつけて勝利しました。ききょうステークス(阪神1400m)は6頭の少数頭レース、控えて中団を追走。外を回って追いこみましたが、直線で伸び切れず、勝ち馬から3番馬身差をつけられて3着。新馬戦で勝ったように、時計の掛かる馬場の方が合っていますので、速い時計勝負になると厳しくなると思われます。 【5ヤマカツマーメイド】半兄に重賞5勝のヤマカツエースがいるロードカナロア産駒です。前走はファンタジーステークス同じ舞台のりんどう賞で馬郡を割って狭い所から抜け出して勝負根性を見せて2勝目を挙げました。馬郡を割って抜け出す勝負強さがあると、外を回らず内から狭いとこを走れますので勝率が高くなります。 【6レシステンシア】新馬戦(京都1400m)は、18頭フルゲートの外目の13番からスッと前へ3番手へ無理なく好位へつけました。道中は折り合って進み、直線へは外を回っていき、先に行った内の馬を交わして抜け出して、1馬身半差をつけて快勝しました。デビュー戦からいきなり素質の高さを示しました。 【7…

続きを読む

【天皇賞(秋)2019予想】有力馬情報

<天皇賞(秋)2019予想 東京芝2000m> <天皇賞(秋)2019予想 有力本命馬情報> 【2アーモンドアイ】安田記念は3着に敗れて、新馬戦2着以来の敗退でした。安田記念はスタートの不利、道中他の馬に寄られ、距離が短いマイルでは不利からの巻き返しは厳しかったですが、勝ち馬からクビ+ハナ差の3着に32秒4の異次元の末脚で追いあげました。桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンカップ、ドバイターフのG1を5連勝した世界に通用する国内現役最強馬です。スタート位置が特殊な東京芝2000m、13番枠から外へ入った優勝馬いません。大外枠の優勝は03年のシンボリクリスエスまで遡らなければなりません。ただ現在のアーモンドアイの実力なら枠順は不問で勝ち負けできると思われます。 【5アエロリット】毎日王冠は2着に敗れましたが、力示しました。東京コースは9戦・3勝・2着4回。昨年のは毎日王冠優勝から、マイルチャンピオンシップへ向かいましたが12着に大敗、敗因の1つコースへの適性は低かったことが挙げられます。コースへの適性から、天皇賞秋で好走する可能性は十分にあると思われます。ゴールまで一貫して速いラップを刻み、逃げ、先行馬にとって厳しいレースで脚質的に不安も残りますが、毎日王冠で勝ち負けできた走りが出来れば着はあるかもしれません。 【9ダノンプレミアム】サウジアラビアRC、朝日杯FS、弥生賞、金鯱賞、読売マイラーズカップの5つの重賞タイトルを獲った実力馬です。安田記念は16着に敗れましたが、ゲートを出て不…

続きを読む