☆天皇賞高配当期待穴馬最新情報☆

☆天皇賞出走馬高配当期待穴馬最新情報☆ ☆ブエナビスタ☆ 「夏場は予定どおりに放牧で休養。9月中旬に栗東トレーニング・センターへ戻りました。秋の第1戦は、このレースと決めていましたし、調整はすこぶる順調に進んでいますよ。体もふっくらしているし、トモの筋肉の張りも上々です」と、陣営は復帰戦に期待十分の様子だ。前走の宝塚記念(2着)では、ナカヤマフェスタに先着されたが「抜け出すとフワッとする面があるので、内と外で離れていたのが応えたかも」と敗因を分析。東京コースでは、昨春のオークス、今春のヴィクトリアマイルを制覇しており、JpnI・GI の大舞台で2戦2勝と得意のコースだ。天皇賞秋の馬券からは外しにくい。 ☆アーネストリー☆ 「札幌記念(1着)からここまでたっぷりとレース間隔があり、余裕を持って調整できました。夏の暑い時季も無事にクリアできましたし、仕上がりに問題はありませんよ。今回は東京コースに替わりますが、それが不安になるレベルの馬ではありませんからね。充実している今なら、GI を獲得するチャンスだと思います」と、陣営のムードは上々だ。充実ぶりはナンバー1。昨年の中日新聞杯、今年の金鯱賞・札幌記念と、芝2000mの重賞を3勝しており、2000mの距離が得意だ! ☆ジャガーメイル☆ 「宝塚記念(8着)は案外な結果に終わりましたが、自分の力を出し切った感じがなく、気持ちの面が敗因かもしれません。夏場は北海道で休養して、秋はここから再スタートします。実績からは長目の距離が良いよう…

続きを読む

☆天皇賞秋(GI)調教後の馬体重☆

【枠順確定】 第142回天皇賞・秋(G1)  <東京11R◆芝2000m> (1)ショウワモダン 牡6・58 柴田(善) (2)ブエナビスタ 牝4・56 スミヨン (3)ジャガーメイル 牡6・58 ホワイト (4)エイシンアポロン 牡3・56 蛯名 (5)オウケンサクラ 牝3・54 北村(宏) (6)スマイルジャック 牡5・58 三浦 (7)ペルーサ 牡3・56 安藤(勝) (8)シルポート 牡5・58 酒井(学) (9)トウショウシロッコ 牡7・58 吉田(豊) (10)シンゲン 牡7・58 藤田 (11)アクシオン 牡7・58 武(豊) (12)アーネストリー 牡5・58 佐藤(哲) (13)ヤマニンキングリー 牡5・58 吉田(隼) (14)ネヴァブション 牡7・58 後藤 (15)スーパーホーネット 牡7・58 藤岡(佑) (16)キャプテントゥーレ 牡5・58 小牧(太) (17)コスモファントム 牡3・56 松岡 (18)アリゼオ 牡3・56 福永 天皇賞秋高配当期待穴馬候補は☆エイシンアポロン☆ ★☆天皇賞秋高配当期待穴馬候補は☆キャプテントゥーレ ★2010年10月2日~24日・8日間の回収率★ ☆購入レース⇒ 159レース ☆的中レース⇒ 12レース ☆購入金額(1点100円で試算) 108900円 ☆払い戻し金額 205140円☆レース的中率⇒7.5% ☆回収率⇒188.3…

続きを読む

☆天皇賞秋高配当期待穴馬情報☆

「第142回 天皇賞(秋)」 ★歴史の深い天皇賞秋!天皇賞秋の高配当期待穴馬を検討してたみた! 天皇賞秋は絶対当てたいG1だ!★ ★天皇賞秋高配当期待穴馬情報★ ☆ブエナビスタ☆ 昨年は桜花賞、オークスを制し、有馬記念でも2着。そして今年はヴィクトリアマイルを優勝して、宝塚記念で2着。デビューから、すべて3着以内の戦績。東京の芝コースでは2戦2勝、渾身の末脚を炸裂できる東京コースだ。 ☆アーネストリー☆ 札幌記念を快勝。通算3度目の重賞制覇を達成。充実振ではナンバー1。17戦中14回コンビを組んでいる佐藤哲三騎手は、前走後に「これまで教えてきたことが実って、気性にメリハリがついたし、乗りやすくなりました。中距離馬として完成されてきたので、今ならGI でも楽しみです」と同馬の本格化を確信していた。東京コースでは、昨秋のアルゼンチン共和国杯で2着の実績があり、全8勝中6勝をマークしているベスト距離の芝2000mは好材料だ。 ☆ジャガーメイル☆ 重賞初制覇がGI の天皇賞(春)。宝塚記念は8着。スタミナ豊富な長距離適正能力の高い馬だけに、距離が不安材料だ。美浦トレーニング・センターに帰厩後も順調に乗り込みを消化しており、気性的に休み明けでも力を発揮できるタイプ。D.ホワイト騎手騎乗は好材料。 ☆キャプテントゥーレ☆ 朝日チャレンジCで鮮やかな逃げ切り勝利で連覇を達成!メンバー中で一番重い斤量(57キロ)を背負い、1分59秒2の勝ちタイムで2着馬を2…

続きを読む