☆デイリー杯2歳ステークス出走馬情報☆

★2000年以降、このレースで2勝2着2回3着1回と好成績を残している前走“野路菊S出走組”からは、☆メイショウナルト。☆ メイクデビュー小倉(芝1200m、2着)から距離延長で臨んだ前々走の未勝利(小倉・芝1800m)を5馬身差の圧勝、続くオープン特別の野路菊S(阪神・芝1800m)でも2着に入っている。中3週での重賞初挑戦になるが、9月29日と10月6日に栗東Dコースのニューポリトラック馬場で長めからビシッと追われており、中間の意欲的な調整が目を引く一頭だ。 ★重賞初挑戦となった前々走の函館2歳Sはスタートで出脚がつかず、後方追走のまま9着に敗れた☆トラストワン☆だが、続くオープン特別のクローバー賞(札幌・芝1500m)で、好位追走から勝ち馬のサクラベルにアタマ差の2着と好走した。先行力があり、レースセンスには定評がある。栗東トレーニング・センターに帰厩してからは、9月29日と10月7日にCWコースでジックリと乗り込まれている。中6週と間隔は開いたが、仕上がりに問題はなさそうだ。 ★☆エイシンオスマン☆は、良血馬が揃った6月20日のメイクデビュー阪神(芝1600m)でアヴェンチュラの2着。勝ったアヴェンチュラは、次走の札幌2歳Sで2着に入った実力馬だ。同馬も2戦目の未勝利(阪神・芝1600m)を楽勝、素質の高さを証明した。9月中旬に栗東トレーニング・センターに帰厩後は、坂路とCWコースを併用して乗り込まれており、10月7日の坂路では終いをビシッと追って、同日の坂路でのラスト1ハロン…

続きを読む

☆秋華賞出走馬情報☆

★☆アパパネ☆★桜花賞・オークスを制した二冠牝馬。秋華賞トライアルのローズS(4着)はオークスからプラス24キロと、余裕のある馬体だった。前哨戦と考えれば、そこ至る過程・内容は悪くないものだった。前走後も栗東トレーニング・センターに滞在して予定通りの調教メニューをこなしており、前走からの上積みも確実な状況だ。JRA史上3頭目の牝馬三冠達成を目指す。 ★☆サンテミリオン☆★オークス優勝。前走後は放牧で。前哨戦を使わずに、オークスからぶっつけで秋華賞に参戦する。これまで5戦して、フローラS・オークスと重賞2勝を含む4勝3着1回で、3着内率100%と能力は高い。中間の調整過程、直前の動きに最も注目したい1頭だ。 ★☆アプリコットフィズ☆★クイーンS優勝。レース後は短期放牧を挟み、栗東トレーニング・センターに滞在。馬体重が430キロ前後の小柄な馬で、今年2月のクイーンC快勝から中6週で臨んだ桜花賞(5着)時もわずか4キロ減だったが、馬体はさびしく見えただけに、この秋の臨戦過程がプラスに出るだろう。 ★☆アニメイトバイオ☆★ローズS優勝。ローズSで、上がり3ハロン33秒8の豪脚を見せた。アパパネとは4度目の対戦で初めて先着を果たした。前走の段階で栗東トレーニング・センターに滞在して調整されていたのはアパパネと同様で、前走に引き続いての栗東滞在で、GI 初制覇に挑む。 ★☆ショウリュウムーン☆★クイーンS5着。オークス17着からプラス16キロと実が入った前走時の馬体は、春からの成長を感…

続きを読む

産経賞オールカマー出走馬情報

3連単6点勝負!9月25日から26日まで、予想完全無料公開です!ランキングの順位が上がると予想に力が入りますのでクリックよろしくお願いします!ブログ閲覧ありがとうございます!こちらをクリックよろしくお願いいたします⇒ いよいよ10月3日から、秋のG1スタート! 3連単6点勝負!は10月3日から会員限定予想配信をスタートします! 無料予想公開は9月26日までです。 会員は人数限定で募集します。 詳細は当ブログで随時連絡いたします。 ドリームジャーニー  中山コースでは、昨年の有馬記念でブエナビスタを半馬身差退けてV。相性の良いコースだけに、好発進で貫禄を示すことができるか? 大きな注目を集めての始動戦となる。 ミステリアスライト  ここにきて3連勝と本格化してきた。この中間も美浦南Cコースのニューポリトラック馬場で軽快な動きを見せており、体調は申し分ない様子。上がり馬が実績上位の馬たちに挑む一戦、これこそが秋競馬の最大の見どころと言える。一気の4連勝が成るか、注目の存在だ。 シルポート  先行力を武器にするタイプで、今の時期の絶好馬場は大歓迎。マイペースに持ち込むことができれば、逃げ切りも可能だろう。 トウショウシロッコ  この中間は激戦の疲れを感じさせず、張りのある馬体をキープ。中山コースも再三好勝負の実績があり、適性は十分。前走のレース内容から、ここでも目が離せない実力馬だ。 シンゲン  ここまで16戦8勝。勝率はジャスト5割を記録している実績の持ち主だ。今後のG…

続きを読む