【中山牝馬ステークス 予想 2012 本命馬データ分析】

【中山牝馬ステークス2012中山1800M 芝・右】 【中山牝馬ステークス2012有力本命馬データ分析】 【中山牝馬ステークス2012有力本命馬情報】 【ドナウブルー】 京都牝馬Sを最速上がり34秒6の末脚で差し優勝。自在性と決め手があるので実力は上位。中山コースの経験がないことは割引材料になる。 【ホエールキャプチャ】 11戦して10回が3着以内で、どんなレースにも対応できる能力がある。着は外さない実力はあるが3ヶ月半の休みで馬体に疲れが残っていないか注意深く観察する必要がある。 【アニメイトバイオ】 エリザベス女王杯は少し距離が長かったのだろう。中山牝馬ステークスは得意の1800M、中山コース適正もあり実力を出せる。 【アプリコットフィズ】 昨年秋頃から馬体が本格化してきている。充実期の今なら勝ち負け必至。決め手に欠けるが安定した先行力がある。 【イタリアンレッド】 昨年重賞を3連勝して実力があるのに過小評価で1番人気にはならなかた。中山コースは血統的にも合っており、決め手があるので注目される。引退の話もあり陣営の本気度がどうか・・・。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

【中日新聞杯 予想 2012 穴馬データ分析】

【中日新聞杯2012 中京2000M 芝・左】 【中日新聞杯有力穴馬データ分析】 【中日新聞杯2012有力穴馬情報】 【ヒットザターゲット】 近2走先行脚質で実力開花した。先行しての決め手があるので重賞でも有力馬と互角に戦えるだろう。 【ダノンスパシーバ】 前走小倉大賞典では、12キロの馬体重増による太目と距離不足が敗因と原因が明確。折り合いに専念して脚をためることが出来れば33秒台の末脚使える能力がある。展開が嵌まれば1発の可能性がある。 【メイショウカンパク】 福島記念は最後方からメンバー中最速となる上がり33秒9の豪脚で追い込み2着入賞。リニューアルした中京コースのゴール前の坂にどこまで対応できるかが大きなポイントになる。3ヶ月の休み明けで直前馬体を注意深く観察したい。 【マイネルスターリー】 57キロの斤量の負担はこの馬に大きい。差し馬で決め手が緩い。厳しいレース展開になった場合に浮上してくることも想定したい。 【リッツィースター】 京都記念では馬体が絞れて、上昇気配だった。G2では苦戦したが厳しい展開を経験できたことはプラス効果があるだろう。先行しての決め手はG3では通用する実力はあるはずだ。 【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む

【中日新聞杯 予想 2012 本命馬データ分析】

【中日新聞杯2012 中京2000M 芝・左】 【中日新聞杯有力本命馬データ分析】 【中日新聞杯2012有力本命馬情報】 【ダノンバラード】 9戦して複勝率88%で安定感がある一方決め手に欠けるところがある。過剰人気に注意。頭で狙うにはリスクがあるが3連複の軸には最適かもしれない。 【スマートギア】 小倉大賞典は10番人気で2着に好走。中京競馬場開幕週なので追い込み馬は短い直線では届きにくい芝状態だろう。 【コスモファントム】 右回り小回りコースを得意としており、東京コースでの凡走は左回りが適してないことを示している。57.5キロの斤量は負担が大きい。実力は十分にあるが左回りでは調教十分加味して慎重に判断したい。 【エーシンジーライン】 小倉大賞典を5番人気で逃げ切り勝利。この馬は平坦コースで好成績なので先行有利の開幕週開催中日新聞杯でも注目される。内枠を引けば断然有利。 【イタリアンレッド】(回避:中山牝馬S出走予定) 昨年夏に重賞3連勝したの実力馬。実力があるに何故か1番人気にならない馬券的に魅力があり決め手も十分ある。どんなコースでも実力を出せる万能性があるが冬馬のレース経験が少ないところが若干懸念される。 ◆潜在能力がずば抜けている馬は?◆  【中日新聞杯最有力本命馬】⇒【エーシンジーライン】  【3連単6点勝負のトップページへ】

続きを読む